ページの先頭です

ここから本文です

なごやのリユースガイド

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年2月5日

ページID:151138

リユースに取り組んでみませんか?

 名古屋市では、循環型社会の実現に向け、ごみを減らすためのさまざまな3R(Reduce=リデュース(減らす、発生抑制)、Reuse=リユース(再使用)、Recycle=リサイクル(再生利用))の取り組みを進めています。

Reuse=リユース(再使用)って何だろう?

 まだ使うことができるモノ、使用しなくなったモノを繰り返し使うことです。モノのを捨てずに、繰り返し使うことでごみの減量につながります!

 ここでは、リユース事業を営む民間事業者の取り組みやさまざまなリユースをまとめたガイドブックをご紹介します。

名古屋市の施設に持ち込もう!

 名古屋市では現在、ご家庭では不要になったけれどもまだ使用できるものを南リサイクルプラザに持ち込んでいただく実証実験を行っています。

 自転車については「ご家庭で不要となった自転車を海外に向けてリユースします!」をご覧ください。

 また、家具や衣類・その他のものについては「ご家庭で不要となったリユース品の引き取りを行います!」をご覧ください。

引き取りイベントのスキーム図

事業者のプラットフォームでリユースしてみよう!

 名古屋市では、民間事業者と連携してリユース(再利用)を推進しています。
 連携事業者が運営するサービスを利用して、リユースできれば、粗大ごみ処理手数料がかからず、最短で当日引取りされます。粗大ごみとしてものを捨てる前に、ぜひリユースを検討ください。

株式会社マーケットエンタープライズ

マーケットエンタープライズのロゴ 

 「おいくら」(外部リンク)別ウィンドウで開くの運営会社であるマーケットエンタープライズ(外部リンク)別ウィンドウで開くは、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業などを展開しています。「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、2006年の設立後、2015年6月には東証マザーズに上場し、2021年2月に東証一部へ市場変更の後、2022年4月にはプライム市場へ上場しました。ネット型リユース事業のサービス利用者は延べ580万人を達成しました。

 「おいくら」の使い方は「おいくら」を活用して、リユースを検討してみませんか?をご覧ください。

株式会社マーケットエンタープライズとの事業協定

 市内のリユース活動を促進することで、市民サービスの向上、廃棄処理量の削減及び循環型社会の形成に資することを目的として事業協定を、令和5年5月30日に締結しました。

株式会社マーケットエンタープライズとの事業協定書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

株式会社ジモティー

ジモティーのロゴ

 ジモティー(外部リンク)別ウィンドウで開くを運営する株式会社ジモティー(外部リンク)別ウィンドウで開くは、2011年2月に創業し2021年に東証マザーズへ上場し、「地域の今を可視化して人と人の未来をつなぐ」を経営理念に掲げ、自治体と提携したリユース活動の促進、食品の譲渡や販売を通じた食品ロス削減、災害時におけるボランティア情報のやり取り、ひとり親への支援活動を行っています。

 「ジモティー」の使い方は「ジモティー」を活用して、リユースを検討してみませんか?をご覧ください。

株式会社ジモティーとの事業協定

 市内のリユース活動を促進することで、市民サービスの向上、廃棄処理量の削減及び循環型社会の形成に資することを目的として事業協定を、令和5年5月30日に締結しました。

株式会社ジモティーとの事業協定書

株式会社メルカリ

メルカリのロゴ

メルカリ(外部リンク)別ウィンドウで開く」を運営する株式会社メルカリ(外部リンク)別ウィンドウで開くとグループ会社が運営するサービスはオールジャンルの商品を取り扱うCtoCマーケットプレイス「メルカリ」と、BtoCマーケットプレイス「メルカリshops」によって形成されるMarketplace事業、スマホ決済サービス「メルペイ」を展開し、暗号資産・NFTに関するサービスの提供を予定するFintech事業、米国におけるCtoCマーケットプレイス「Mercari」を提供するUS事業等を主に展開しています。

「メルカリ」の使い方は「メルカリ」を活用して、リユースを検討してみませんか?をご覧ください。

株式会社メルカリとの事業協定

 市内のリユース活動を促進することで、市民サービスの向上、廃棄処理量の削減及び循環型社会の形成に資することを目的として事業協定を、令和5年6月5日に締結しました。

株式会社メルカリとの事業協定書

リユースガイドブックをつかってみよう!

リユースに気軽に取り組んでいただけるよう、さまざまなリユース方法を掲載したものが「リユースガイドブック」です!

「使い終わったら捨てる」はもったいない!捨てる前にできることはたくさんあります。リユースガイドブックで自分でできるリユースを探してみませんか?

リユースガイドブック

リユースショップを活用してみよう!

名古屋市内にはリユースショップがたくさんあるので、目的や所在地、行きやすさからご利用しやすいショップを選ぶことができます。ものを捨てずに「だれかに使ってもらうリユース」をしてみませんか?

各店舗の営業時間や買取品目、査定基準等は各店舗にお問い合わせいただくか、各店舗のウェブサイトでお確かめください

リユースショップ活用の注意事項

  • 査定に手数料はかかりません。
  • 査定を受けても買取りできない場合があります。
  • 本人確認の証明書が必要です。
  • 18歳未満は買取が基本できません。
  • 持ち込み査定で買い取りできないものはご自身でお持ち帰りいただく必要があります。
  • 宅配査定で買い取りが行われないときの返品送料はご自身で負担する必要があります。
  • 店舗によってはLINEやメールでの査定を行っているところもあります。
  • 事前にリユースショップの特徴を調べましょう。

リユースショップの掲載基準

このパンフレットに掲載しているリユースショップは、市民の皆様が安心してご利用いただけるよう、リユース業界の健全な発展に向けて様々な取り組みを行っている以下の業界団体からご紹介いただいております。

名古屋市内のリユースショップ一覧

リユースショップ一覧(令和4年1月1日現在)

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ