ページの先頭です

平成17年国勢調査 統計レポート 名古屋市の産業・職業別詳細集計

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年12月27日

このページ内にあるデータの利用について

 このページ内にあるデータはオープンデータとして提供しており、クレジット表記すること(データ名:統計なごやweb版)により、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

 統計レポートとして、「17 年国勢調査・抽出調査票による就業者の産業(小分類),職業(小分類)など(抽出詳細集計)」より、いくつかの項目を取り上げて報告します。

  1. 産業(中分類)別の就業時間数
    就業者総数では「道路旅客運輸業」、「放送業」が上位1、2 位
  2.  雇用者の常雇比率
    「石油製品・石炭製造業」等4産業では女性が男性を上回る
  3. 女性雇用者比率
    最も高いのは「社会保険・社会福祉・介護事業」の81.6%
  4.  就業者の産業中分類別の未婚率
    最も未婚率の高いのはインターネット附随サービス業の57.9%
  5. 全国及び15 大都市の就業者の産業小分類別の比率上位10 産業
    本市の「金属製品製造業」の都市内比率は15 大都市中2 番目に高い
  6. 全国及び15 大都市の就業者の職業小分類別の比率上位10 職業
    本市の「会計事務員」及び「会社役員」の都市内での比率は15 大都市中2 番目に高い
  7. 社会経済分類別状況
    (1)平成17 年の全国及び本市の社会経済分類別構成比率
      「事務職」、「技能者」及び「販売人」の上位3 職種で就業者の6 割弱を占める
    (2)平成17 年の15 大都市の社会経済分類別就業者の対全国特化係数
      大多数の都市で「事務職」及び「販売人」の比率が全国より多く、「技能者」が全国より少ない
    (3)全国及び13 大都市の社会経済分類別就業者の構成比率の対12 年増減
      「事務職」の比率は「東京都区部」、「福岡市」及び「大阪市」への集中傾向

 詳細は、添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

総務局企画部統計課解析活用係

電話番号

:052-972-2254

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2254@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ