ページの先頭です

スタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年11月25日

スタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」

愛知・名古屋及び浜松地域経済の持続的な成長のため、名古屋市では、一般社団法人中部経済連合会、名古屋大学、愛知県、浜松市等と連携し、内閣府が募集した「スタートアップ・エコシステム拠点都市」に対し、令和2年6月1日に拠点形成計画を「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」として提出しました。令和2年7月14日、内閣府から愛知・名古屋及び浜松地域がスタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」として選定されました。

スタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」の概要

内閣府が、我が国の強みである優れた人材、研究開発力、企業活動、資金等を生かした世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステム拠点の形成を目指し、地方自治体、大学、民間組織等が策定した拠点形成計画を選定するものです。
「グローバル拠点都市」が4か所、それに準じる「推進拠点都市」が4か所選定され、そのうちの「グローバル拠点都市」に選定されました。

コンソーシアム(計画主体)の概要

  1. 名称
    Central Japan Startup Ecosystem Consortium
  2. 構成
    Aichi-Nagoya Startup Ecosystem Consortium
    浜松市スタートアップ戦略推進協議会
  3. 代表者
    一般社団法人中部経済連合会 会長 水野 明久
  4. 構成組織
    一般社団法人中部経済連合会、名古屋大学、愛知県、名古屋市(事務局)、浜松市始め172企業・団体・大学等


愛知・名古屋及び浜松地域の拠点形成計画概要

拠点形成計画の概要

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

認定後の国等の支援について

スタートアップ・エコシステム「グローバル拠点都市」に選定されたことにより、政府、民間サポーターから以下の支援が行われます。

  • ランドマークプログラム(アクセラレーションプログラム)の実施
  • 世界への情報発信、起業家・投資家の招致の支援
  • 政府のスタートアップ支援の積極的な実施
  • 規制緩和の推進
  • 民間サポーターによる支援

このページの作成担当

経済局イノベーション推進部スタートアップ支援室スタートアップ支援係

電話番号

:052-972-3046

ファックス番号

:052-972-4135

電子メールアドレス

a3046@keizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ