ページの先頭です

東山給水塔

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2012年9月25日

ページの概要:東山給水塔について

東山給水塔

円筒形の迫力ある独特の形態をもった給水塔で、改修の際に現在のような腰折の多角形屋根がつくられました。

高い位置にあり、かつ背の高いこともあって、各所から見ることのできるランドマークとなっています。

昭和48年まで付近一帯に給水する配水塔として利用されていました。

所在地

千種区田代町四観音道西

年代

昭和5年(1930)(昭和58年改修)

構造等

鉄筋コンクリート造・高さ37.85m

設計者

名古屋市水道部

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ