ページの先頭です

鳥栖八剱社古墳(とりすはちけんしゃこふん)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年4月8日

ページの概要:鳥栖八剱社古墳(とりすはちけんしゃこふん)の紹介

八剱社の写真

八剱社

  この古墳は、直径45メートル、高さ5メートル程の帆立貝式古墳です。社伝によると「和銅元年(708年)新羅の僧道行が熱田神宮の草薙剣を盗み去ったとき、この事が帝に知れるのを恐れ、神剣を新しく作るよう鍛冶屋に命じた。そしてこの地で37日修祓の上、熱田神宮へ奉納した。」といわれています。

このページの作成担当

南区役所区政部地域力推進室生涯学習担当

電話番号

:052-823-9326

ファックス番号

:052-811-6360

電子メールアドレス

a8239326@minami.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ