ページの先頭です

茶屋新田地区の事業概要

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年7月22日

茶屋新田地区の事業概要

 本市の南西部に位置する茶屋新田地区は、土地改良事業による基盤整備が行われ、大半が水田等の農地として利用されてきました。

 その後、市南西部の新たな拠点整備として、平成19年8月に、市街化調整区域から市街化区域への編入手続きを行うとともに、土地区画整理事業の都市計画決定を経て、自然と触れ合える良好な居住環境の形成と防災性を考慮したまちづくりをすすめています。

 また、土地区画整理による幹線道路などの基盤整備のほかに、名古屋市立第二斎場を整備しており、平成27年7月に使用開始しています。

茶屋新田地区土地区画整理事業の概要
地区名茶屋新田
都市計画決定平成19年8月21日
組合設立認可平成20年2月15日
施行面積147.50ha
事業期間平成19年度から令和4年度
茶屋新田地区の概要図です。

組合事業の概要等について

組合事業の概要等や保留地販売情報などは、組合のウェブサイトをご覧ください。

茶屋新田土地区画整理組合(アクアヴェルデ南陽)(外部リンク)別ウィンドウ

関連リンク

このページの作成担当

住宅都市局都市整備部市街地整備課区画整理係

電話番号

:052-972-2754

ファックス番号

:052-972-4163

電子メールアドレス

a2765@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ