ページの先頭です

Q:ごみ焼却にかかるCO2排出量を教えてください。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2015年3月12日

ページID:66809

お答えします。

A:平成25年度のごみ中のプラスチックの量から推計すると、ごみ1トンの焼却につき約380kgのCO2を排出することになります。1年間では、約23万トンのCO2を排出しています。

(注)この数字はごみ中のプラスチック(石油が原料となっている)を燃やしたときに出るCO2の排出量です。ごみ中の生ごみや紙くずなどを燃やしたときに出るCO2は、もともと空気中から取り込まれたものが再度放出されるだけなので、CO2の排出量として算定しないことになっています。
※出典:「名古屋ごみレポート’14」(平成27年1月 名古屋市環境局)

関連リンク

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ