ページの先頭です

ここから本文です

Q:埋立処分場の埋立状況を教えてください。

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年2月22日

ページID:66918

お答えします。

A:名古屋市には、岐阜県多治見市にある愛岐処分場と、港区稲永ふ頭にある第二処分場の2つの埋立処分場があります。
 愛岐処分場は昭和57年に開設し、平成26年度末時点で約9割の埋め立てが終わっています。また、第二処分場は平成27年5月に開設し、埋め立てを始めました。

 その他に愛知県臨海環境整備センター(衣浦港第3号地廃棄物最終処分場)に埋立処分の一部を委託しており、これら3つの処分場で年間約5万トンの埋立処分を行っています。
 埋立処分場には限りがあるため、ごみの量を減らし、埋立処分場をできるだけ長く使えるようにしたいですね。

写真:愛岐処分場の様子

愛岐処分場の様子

写真:埋立の様子

埋立の様子

関連リンク

このページの作成担当

環境局施設部施設課事務係

電話番号

:052-972-2372

ファックス番号

:052-972-4131

電子メールアドレス

a2371@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ