ページの先頭です

「久屋大通のあり方(南エリア部分)」提言

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年3月26日

「久屋大通のあり方(南エリア部分)」提言とは

 名古屋都心部のシンボル空間である久屋大通について、都心にふさわしい統一感と個性の両立した空間として再生するため、各分野の有識者や専門家の意見を聴取する「久屋大通再生有識者懇談会」を平成28年度から開催しており、「久屋大通のあり方(南エリア部分)」提言は久屋大通南エリア(錦通から若宮大通まで)の将来を見据えたあるべき姿として同懇談会より提言されたものです。

「久屋大通のあり方(南エリア部分)」提言

本編のファイルはサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかることがあります。

「久屋大通のあり方(南エリア部分)」提言

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

住宅都市局 リニア関連都心開発部 都心まちづくり課 事業推進係
電話番号: 052-972-2746
ファックス番号: 052-972-4171
電子メールアドレス: a2768@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ