ページの先頭です

ここから本文です

非常災害時における主催講座・事業の開催について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2023年10月16日

ページID:108507

非常災害時における主催講座・事業の開催について
災害の種類 警報などの発令状況 センターの運営(対応)
地震 南海トラフ地震臨時情報の発表後、指定避難所が開設されたとき。 休館します。
市域において、震度5強以上の地震が発生したとき。
台風・大雨・その他の災害 雨・その他の災害 市の全域にわたり風水害等が発生するおそれがあるとき。
生涯学習センターまたはその周辺地域における風水害等による被害が特に甚大であると予想されるとき。
主催講座・事業の開始2時間前において、現に、「暴風特別警報」・「暴風雪特別警報」・「暴風警報」・「暴風雪警報」のいずれかが名古屋市に発表されているとき。 主催講座・事業を中止または延期します。
主催講座・事業の開始2時間前から終了時間までの間において、「暴風特別警報」・「暴風雪特別警報」・「暴風警報」・「暴風雪警報」のいずれかが名古屋市に発表されたとき。
主催講座・事業の開始2時間前において、現に「大雨特別警報(浸水害)」・「大雨特別警報(土砂災害)」・「高潮特別警報」・「波浪特別警報」・「大雨警報(浸水害)」・「大雨警報(土砂災害)」・「洪水警報」・「高潮警報」のいずれかが名古屋市に発表されているとき。 主催講座・事業を中止または延期することがあります。
主催講座・事業の開始2時間前から終了時間までの間において、「大雨特別警報(浸水害)」・「大雨特別警報(土砂災害)」・「高潮特別警報」・「波浪特別警報」・「大雨警報(浸水害)」・「大雨警報(土砂災害)」・「洪水警報」・「高潮警報」のいずれかが名古屋市に発表されたとき。
その他災害等のため主催事業を実施することが適当でないと認められるとき。

(注)上記のほか、名古屋市教育委員会が特別の事由があると認めるときは、休館することがあります。

問い合わせ先

中止または延期になった講座・事業についての対応は、各講座・事業ごとに受講者へ連絡します。詳細については、生涯学習センターにお問い合わせください。
《港生涯学習センター》

  • 住所:郵便番号455-0013 名古屋市港区港陽一丁目10番18号
  • 電話番号:052-653-5171
  • ファックス番号:052-653-5172
  • 開館時間:午前9時から午後9時(日曜日・祝日・臨時開館日は午後5時まで)
  • 休館日:第2火曜日・第4月曜日(ただし、7月から11月の第4月曜日は臨時開館)・年末年始(12月29日から1月3日まで)
  • 指定管理者:(公財)名古屋市教育スポーツ協会(NESPA)

このページの作成担当

教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係
お問い合わせは、港生涯学習センター(電話番号:052-653-5171)へお願いします。
電話番号: 052-950-5031
ファックス番号: 052-950-5041
電子メールアドレス: a3211571@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ