ページの先頭です

「環境大臣賞」と「グランプリ」の同時受賞

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年1月15日

ページの概要:「環境大臣賞」と「グランプリ」の同時受賞について

自治体環境グランプリ2003

220万名古屋市民と名古屋市が「環境大臣賞」と「グランプリ」の同時受賞!!

おめでとうございます。この4年間の皆さまの取り組みが表彰されました。

 (財)社会経済生産性本部が実施した「自治体環境グランプリ2003」において、「ごみ非常事態宣言」以降、市民の皆さまとともに行動した「ごみ減量・資源化」の取り組みが高く評価され、220万名古屋市民と名古屋市が「環境大臣賞」と「グランプリ」を受賞しました。

 「ごみ問題といえば、今まではドイツがお手本だといわれてきたが、今後、ごみの減量化について政策を考える際、名古屋の経験を無視して通ることができず、わが国だけでなく、世界の経験としても貴重な取り組みである」と、市民の皆さまの取り組みと努力が高く評価されたものです。
 あらためて、心からお礼を申し上げます。

 今後とも、「環境先進都市なごや」の実現に向け、循環型社会づくりやCO2の10%削減などに一層の努力をしてまいりたいと考えております。

 引き続き、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

平成15年5月31日表彰式(東京)の画像

平成15年5月31日表彰式(東京)

ごみ量の推移