ページの先頭です

地球温暖化

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月9日

 地球温暖化とは、私たちの電気やガス、ガソリンなどを消費する生活に伴い、大気中のCO2(二酸化炭素)が増えることによって、気温の上昇、気候の変化や動植物分布の変化など地球規模で影響が現れることです。

みんなで取り組もう!なごやの環境はじめの一歩

 私たちの暮らしは、衣食住にわたって生物資源や化石燃料など、地球上の様々な資源を利用し、ごみや温室効果ガスを排出するなど、地球環境に負荷をかけています。

 また、経済や社会はグローバルにつながっており、環境問題は人権や貧困などといった地球上の様々な課題とも複雑に関係し、自然破壊や気候変動などというかたちで、私たちの暮らしの「持続可能性」を脅かしています。

 持続可能な社会を実現していくために、身近な環境問題について、「一緒に知って、理解して、行動しましょう!」

みんなで取り組もう!なごやの環境はじめの一歩

節電

 東日本大震災以降、省エネルギーの必要性がクローズアップされており、本市では市民の皆さんに省エネルギーの取り組みとして節電をお願いしています。

節電

緑のカーテン

 名古屋の暑さをちょっただけ和らげるため、緑のカーテン(ゴーヤ等のつる性植物をカーテン状に育てること)づくりにチャレンジしませんか。緑のカーテンづくりに取り組む「なゴーヤ隊」を募集しています。

緑のカーテンにチャレンジ!!「なゴーヤ隊」平成29年度新規隊員大募集!!!

緑のカーテンの取組みについて(平成28年度まで) 

環境にやさしい買い物

 本市では、買い物の時に、まず必要かどうかを考えて、必要な時は環境のことを考えて、環境負荷が出来るだけ小さいものを買う「グリーン購入」を推進しています。

環境にやさしい買い物

フェアトレード

 フェアトレードとは、一般的に、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続することによって、開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指していくものと言われています。

 フェアトレードが普及することで、地球環境、貧困、人権、平和、食糧など様々な課題の解決に貢献できるため、本市は、この理念の普及に努めていきます。

フェアトレード

家計にも地球にもやさしい「エコドライブ」

 クルマの燃費は運転方法を工夫することで向上させることができます。燃費の改善は、大気汚染物質や二酸化炭素の排出量削減に貢献することにもなります。家計にも地球にもやさしい「エコドライブ」をはじめましょう。

家計にも地球にもやさしい「エコドライブ」

再生可能エネルギー

 再生可能エネルギーとは、太陽光や太陽熱、水力、風力など永続的に利用することができ、利用時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスをほとんど排出しないクリーンなエネルギーです。
 本市では、設置補助を始めとした様々な施策により太陽光発電設備などの普及拡大に努めています。

再生可能エネルギー

省エネ・創エネ住宅相談窓口

 

EXPOエコマネー

 本市では、市民の皆さんにエコライフを実践・継続していただくための仕組みとして「EXPOエコマネー」を活用しています。

EXPOエコマネー

地球温暖化のしくみ

地球温暖化のしくみ

 地球は太陽からの熱エネルギーによって温められ、その一部を宇宙に放射することで冷やされています。地球の気温は、太陽から受ける熱エネルギーと地球が放出する熱エネルギーのバランスによって決まりますが、その際に大きな役割を果たしているのは、水蒸気の他に空気中に微量に含まれる二酸化炭素(CO2)やメタン、一酸化二窒素、フロンガスなどの「温室効果ガス」と呼ばれる気体です。
 地球温暖化とは、人間活動による多くの化石燃料の燃焼などにより、「温室効果ガス」の濃度が高くなり、地球の平均気温が上昇する現象のことをいいます。

 

地球温暖化がもたらす影響

地球温暖化がもたらす影響

 過去100年間に上昇した気温は0.69℃(世界平均気温)。また、およそ100年後の21世紀末には、地球温暖化対策なしでは約3.7℃上昇すると予測されています。
 その結果、人類の生存基盤である生態系に重大な脅威を与えることが予測され、食料生産への悪影響や気候の変化に対応できない動植物の絶滅するおそれなどが危惧されています。さらには渇水や洪水などの異常気象の頻発、海面水位の上昇による沿岸域での人間の居住へ悪影響、気候に依存する産業への悪影響も心配されています。

名古屋市の年間平均気温とCO2濃度の変化

 

             名古屋市の年平均気温の変化

名古屋の年平均気温の変化

(出典:名古屋地方気象台『地球温暖化ってなんだろう?2014年版』)

 

            名古屋市のCO2濃度の年平均値の変化

名古屋市のCO2濃度の年平均値の変化

注 科学館の平成18年度及び平成21年度の年平均値は、測定日が少ないため参考値です。
  また、科学館の平成22年度は測定を行っていません。

 名古屋市の年平均気温は、100年あたり2.1℃上昇しています。これは、地球温暖化とヒートアイランド現象(都市の中心部の気温が郊外に比べて高くなる現象)の影響によるものと思われます。また、産業革命以降、大気中のCO2濃度の急激な上昇とともに、気温も上昇しています。

 名古屋市のCO2濃度の現在の値はこちら(1時間ごとに更新) (外部リンク)別ウィンドウ

 名古屋市のCO2濃度年報はこちら※ページ中ほど、「二酸化炭素濃度結果」をご覧ください。

このページの作成担当

環境局環境企画部環境活動推進課市民活動推進係

電話番号

:052-972-2692

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

a2693@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ