ページの先頭です

ここから本文です

地球温暖化のしくみと影響

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年7月24日

ページID:118643

名古屋はこんなに暑くなっています

この100年の年平均気温は、世界では0.72℃ 、日本では1.19 ℃、そして名古屋市では何と2.1 ℃上昇しています!

名古屋市の平均気温の変化

出典:名古屋気象台「地球温暖化ってなんどろう?2014版」

どうして地球温暖化が起きるのでしょう

地球のまわりには、二酸化炭素(CO2)などの熱をたくわえる温室効果ガスがあり、これにより、地球の平均気温はおよそ15℃に保たれています。しかしながら、人間活動の拡大にともない、大量の化石燃料が燃やされ、温室効果ガスが増えることで、地球が必要以上に暖められ、地球の気温が上がり続けています。

温室効果ガスと地球温暖化メカニズム

出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイトより

すでに、地球温暖化による様々な影響が出ています

水環境・水資源

  • 水温が上昇し、水質が悪化
  • 年間の降水日数が減少し、渇水が頻発化

自然生態系

  • 生態系や種の分布等の変化
  • 外来種の侵入・定着

自然災害

  • 豪雨が増え、毎年水害や土砂災害が発生

健康

  • 熱中症搬送者数の増加
  • 暑熱による死亡リスクの増大
  • 蚊などの分布可能域が変化し、感染症リスクが増大

市民生活・都市生活

  • 豪雨等の増加による地下街や地下鉄などのインフラ・ライフラインへの影響

暑熱による生活への影響

  • ヒートアイランド現象との重なりによる都市部での気温上昇

CO2の98%はエネルギー利用によって発生しています

名古屋市の温室効果ガスの96% はCO2で、その98% は、電気やガス、ガソリンなどのエネルギーを利用することで発生しています。このため、車の利用を控えて公共交通機関を利用する、エアコンの設定温度を適切にする、省エネ性能の高い製品へ買い替える、太陽光発電設備などの再生可能エネルギーの導入などを進めるといったことで、エネルギーの消費を減らすことが大切です。

関連リンク

本市では、温室効果ガス排出量や二酸化炭素濃度の実態を把握するための調査を実施しております。

市の温室効果ガス(CO₂)排出量はどれくらい?

このページの作成担当

環境局環境企画部脱炭素社会推進課脱炭素社会推進係

電話番号

:052-972-2692

ファックス番号

:052-972-4134

電子メールアドレス

a2692@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ