ページの先頭です

名古屋市動物愛護センター

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2014年7月24日
愛護館の前で、ワンニャン博士(愛護館のキャラクターです)、家族(お父さん・お母さん・男の子・女の子)、犬猫が楽しいそうにしているイラストです。犬猫と楽しく過ごし、犬猫のことが勉強できる愛護館のイメージをあらわしています。

概要

名古屋市動物愛護センターは、動物愛護を基本理念とし、緑の中の「人と動物のふれあいの場」として多くの方に親しんでいただく機会を提供するとともに、動物愛護と適正飼養を普及啓発するための教室・イベントの開催や、犬猫等による危害・迷惑を防止する業務を行っています。

動物愛護センターの所在地(施設案内)

最新情報

動物愛護センターからのお知らせ

業務について

愛護館入り口にあるトーテンポールの前に男子と女子がいるイラストが入った画像です。施設・業務案内のページにリンクしています。

施設(管理棟・愛護館)やふれあいなどで活躍している犬猫の紹介です。犬猫の収容頭数や譲渡頭数なども掲載しています。

夫婦が犬を大切そうに抱いているイラストが入った画像です。飼主募集のページにリンクしています。

飼えなくなった犬猫、迷子の犬などの新しい飼主を募集しています。犬猫を飼いたいと思っている方は、是非、応募してください。

犬が電話の受話器を持っているイラストが入った画像です。犬がいなくなったとき、犬猫が飼えなくなったときなどのページにリンクしています。

犬猫がいなくなった方、犬猫が飼えなくなった方はこちらをご覧ください。

おばあさんが犬を抱いているイラストなどが入った画像です。各種教室・啓発事業のページにリンクしています。

幼保育園、学校を対象とした動物愛護教室、高齢者福祉施設を対象とした動物介在活動(ワンニャンなごやか教室)、犬のしつけ方教室等のご案内です。

犬をトリミングしたり、ペットショップで販売しているイラストの画像です。動物取扱業の関係記事のページにリンクしています。

ペットショップ、ペットホテルなど第一種動物取扱業を営もうとする方は、登録することが義務付けられています。動物取扱業に関するお問い合わせはこちらです。

ヘビ・カミツキガメ・ワニや猿回しのイラストの画像です。特定動物の飼養許可に関する記事にリンクしています。

トラやニホンザル、マムシなど人の生命、身体、財産に害を加えるおそれがある特定動物(危険な動物)を飼うためには、許可が必要です。特定動物に関するお問い合わせはこちらです。

このページの作成担当

健康福祉局 動物愛護センター企画管理係

電話番号:052-762-0380

ファックス番号: 052-762-0423

電子メールアドレス:a7620380-01@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ