ページの先頭です

病気・怪我・障害。その時できることは?

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年4月1日

ページの概要:さまざまな制度とサービス

気をつけて生活をしていても、病気・怪我は起こりえるものです。私たちの生活を応援するため名古屋市は、119番、夜間診療、医療給付、税・保険の免除などさまざまな制度やサービスがあります。

病気・怪我・障害。とさまざまな制度とサービス

急病・大怪我に・・・救急車を!

急病・大怪我に・・・救急車を!

急病になってしまった!大怪我を負ってしまった!

119番で救急車を手配。場所、病人・怪我人の状況、自分の連絡先を落ち着いてしっかり伝えましょう。

119番の正しいかけ方

救急車が到着前にできること、応急手当

心肺蘇生法・異物除去・AED・止血法など、正しい応急手当を身に付けて万一に備えましょう。

応急手当

救急時の医療費は?

救急車で病院に搬送されたときの医療費も一般に診療にかかったときと基本的に同様です。
保険証がないと医療費は全額自己負担となってしまいます。
救急車で搬送され、手元に保険証がない場合はかかった医療機関にその旨を相談してください。
ただし、暴力によるもの・自傷行為によるものについては、健康保険対象外となっています。

身元確認と緊急連絡先について

いつどんな時、どんな状態で救急車で搬送されるか解りません。運転免許証、社員証、学生証など身元が確認できるものを携行すると良いでしょう。
高齢の方は、万一事故などにあわれ、救急車で病院に搬送された際に、ご自分でご家族等に連絡できない場合、あらかじめ登録された連絡先に名古屋市消防局が連絡する消防あんしん情報登録制度をご利用ください。

消防あんしん情報登録制度

通院とかかりつけ医、入院

通院とかかりつけ医、入院

かかりつけ医

かかりつけ医とは、あなたやご家族の病気のことについて親身になってみてくれるお医者さんのことです。今かかっている病気やこれまでにかかった病気、何の薬を飲んでいるかなど、普段からかかりつけ医に相談していれば、いざという時に適切な判断を下し、最適な診療を行ってくれます。

負担する医療費が高額になったときは? 医療費が高額で払えない。

病院の窓口で支払う自己負担額が高額になったときに、支払った自己負担額の一部が高額療養費として支給されることがあります。また、あらかじめ申請することで、病院の窓口で自己負担限度額まで支払えばよい「限度額適用認定証」の制度があります。名古屋市国民健康保険では限度額適用認定証が利用できない場合、受領委任払制度と支払資金貸付制度があります。

医療保険と自己負担

休日・夜間に診療をして欲しいとき

休日や夜間の急な病気や怪我を診てもらえる医療機関もあります。

休日・夜間の救急医療

障害年金の支給

病気やケガで障害の状態になり、働くことができなくなったり、日常生活や労働に著しい制限を受けるようになったときに、その方の生活を保障するために障害年金が支給される場合があります。

国民年金

療養期間中の税金や健康保険の支払いは?

長期入院・療養が必要になった場合の収入の減少に合わせ、軽減を受けられることがあります。

医師から治療食を指示されたとき

栄養計算や調理の工夫が必要な治療食の相談窓口があります。

栄養講習会・個別相談・指導

人工透析や血友病等の診療を受ける場合は・・・

厚生労働省指定の特定疾病に該当する方で、長期間に高額な医療費がかかる場合、「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口に提示すれば、月額10,000円(年間所得の合計が600万円を超える世帯に属する70歳未満で、人工透析が必要な慢性腎不全と認定されている方は20,000円)までの自己負担で済みます。
「特定疾病療養受療証」の発行には、国民健康保険被保険者証または後期高齢者医療被保険者証/印鑑/医師の意見書などが必要となります。詳しくは各区役所保険年金課におたずねください。

各区役所の組織と電話番号

難病で療養されている方への支援

難病患者の方を支援する制度や窓口があります。

  • 医療生活相談、生活支援事業
    医療費(特定医療費等)や療養に関する相談、医師等による医療生活相談や保健師等の訪問等を行っています。
    保健所又は健康福祉局健康増進課(電話番号:052-972-2632)で相談ができます。
    難病

障害のある方への支援

身体が不自由な方への支援

医療助成や公共料金の割引など、障害のある方の生活を支援するため制度があります。これらを活用するためにもまずは手帳の申請をしましょう。

身体障害者手帳、愛護手帳、精神障害者保健福祉手帳とは?

障害者手帳があることによって、さまざまな制度やサービスを受けることができます。

身体障害者手帳/愛護手帳/精神障害者保健福祉手帳とは?

障害者の医療費負担と医療の給付、共済について

  • 障害者医療費助成
    愛知県内の病院などで受診するときに、健康保険証と「医療証」を窓口に提出すると、医療費(保険診療分)の自己負担額が助成され、無料の取り扱いとなります。
    障害者医療費助成制度
  • 自立支援医療(更生医療)
    身体障害者の障害の軽減や除去をすることが可能な場合で医療が必要なときは、指定自立支援医療機関において、自立支援医療(更生医療)の給付を受けることができます。原則として1割の利用者負担があります。
  • 自立支援医療(育成医療)
    肢体不自由等の障害がある18歳未満の方に対し、指定自立支援医療機関において、公費で医療給付を行います。原則として1割の利用者負担があります。
  • 自立支援医療(精神通院)
    指定自立支援医療機関である病院または診療所に入院しないで精神障害の医療を受ける場合に公費で医療の給付を受けることができます。原則として1割の利用者負担があります。
  • 特別障害者手当等
    著しく重度の障害の状態にあるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする方に対し、特別障害者手当を支給しています。また、特別児童扶養手当、障害児福祉手当、重度障害者(重度障害児)給付金や県の支給する在宅重度障害者手当制度などもあります。
  • 心身障害者扶養共済
    障害者(障害児)の方の保護者が死亡したり、身体に著しい障害を有する状態となった場合に年金を支給して、障害者(障害児)の方の生活の安定を図ることを目的としています。

税金や保険料、その減免・免除などはどうなってるの?

国民健康保険料の減免、市民税・県民税の減免、軽自動車税の免除、自動車税・自動車取得税の減免など、税金や保険料の減免・免除の制度があります。

税金や保険料の減免・免除などはどうなってるの?

障害年金の支給

病気やケガで国民年金法などに定められた重さの障害に該当する障害者となり、働くことができなくなったり、日常生活や労働に著しい制限を受けるようになったときに、その方の生活を保障するために障害年金が支給される場合があります。

国民年金

交通費、水道料金等が軽減されます

障害者手帳の等級により、公共・民間交通機関で様々な割引が受けられます。名古屋市では市バス・地下鉄の料金が無料になったり割引されます。タクシー料金の一部助成や重度身体障害者リフトカーの運行もあります。また、上下水道料金の軽減もされる場合があります。

交通料金等の軽減

障害者のための施設

リハビリテーション施設や社会活動で仲間と交流を積極的にしよう。

障害者のための施設

このほか、精神的な障害のある方に精神保健福祉相談なども行っています。

精神保健福祉

障害福祉サービス等の利用

「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)に基づき、障害の種類(身体障害・知的障害・精神障害等)にかかわらず、障害者(児)が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、共通の制度により障害福祉サービス等を提供します。

障害者総合支援法による制度の概要

健康維持のためにできること

健康維持のためにできること

名古屋市では、勤務先などで健診を受ける機会のない方を対象に、市内の協力医療機関(ステッカーで標示)及び保健所において、各種のがん検診を実施しています。また健康維持のためどんな食事がいいのか、どんな運動がいいのかも紹介する教室も開催されています。

  • 健診を受けたい時は?
    がん、肝炎、歯周疾患、エイズなどの検査を受診しましょう。
    がん検診・生活習慣病健診のご案内
  • 健康づくり
    積極的に健康づくりを実践することにより健康を増進し、発病を予防しましょう。
    健康づくりのために
  • 介護予防
    寝たきりや介護が必要な状態にならないためには、からだとこころの元気を保つことが大切です。「もう歳だから…」「おっくうだから」と言って、健康を保つための取り組みをしないと、日常生活を送る上でさまざまな支障がでてくることがあります。
    これからも、外出や運動、趣味などの活動、人との交流に積極的に取り組みましょう。
    お住まいの地域のいきいき支援センター(地域包括支援センター)では、からだとこころの元気を保つための「いきいき介護予防事業」のご案内や相談をおこなっています。
    介護保険制度

特定健康診査・特定保健指導

 糖尿病等の生活習慣病を予防し、メタボリックシンドロームの該当者及び予備群を減少させることを目的に、それぞれの医療保険者が「特定健康診査・特定保健指導」を実施します。具体的な実施方法については、加入する医療保険にお尋ねください。

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ