ページの先頭です

子育て支援企業認定・表彰制度

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年1月16日

名古屋市では、子育てにやさしい活動を行っている企業を認定し、社会全体で子育てしやすいまちづくりを進めます。

平成28年度子育て支援企業が決まりました。23社(うち表彰6社)(表彰企業を除き五十音順)

【最優秀賞】第一生命保険株式会社

表彰理由:社員の9割以上を占める女性が活躍するための取組みとして、「仕事と育児の両立支援の推進」と「ワークスタイル変革」を2本柱とし、様々な取組みを総合的にきめ細かく推進している。法定を上回る各種子育て支援制度に加え、生産性向上・業務改善の各種取組み「ワーク・スマート・プログラム」により特徴的な取組みを実践し、成果をあげている。あわせて、第一生命財団による保育所等への助成など、幅広い子育て支援にも取り組んでいる。

【優秀賞】株式会社NTTドコモ

表彰理由:法定を上回る育児休業制度をはじめ、スライドワークやライフプラン休暇など、子育てしやすい環境を整えるとともに、育児休業者のサポートを出産前から復職後まで継続して行うなど、子育てと仕事の両立支援に関する制度を充実させている。また、男性社員の家事・育児参加を促進するための働きかけを行い、企業全体で仕事と家庭の両立を支援する取組みを行っている。

【優秀賞】第一塗工株式会社

表彰理由:子の学校行事に積極的に参加できるよう休暇の取得を促進し、気兼ねなく休めるよう仕事のフォロー体制を整えたり、子どもとの食事の時間を確保するためにノー残業デーを設定し、着実に成果をあげているなど、熱意を持って子育て支援に取り組んでいる。また、従業員の意見を取り入れ、近隣の小学校へノートや下敷きを無料配布するなど、地域の子育て活動への支援を積極的に行っている。

【中小企業特別賞】株式会社加藤建設

表彰理由:建設業全体のイメージアップを図り、次世代へ環境を残そうという想いのもと、環境に配慮した特徴的で多様な社会貢献活動を行っている。また、管理職向けの「妊娠期~復職までの制度対象者に対する主な対応マニュアル」を作成、周知するなど、子育てしやすい職場環境を整えている。

【中小企業特別賞】木下工業株式会社

表彰理由:子育て支援の風土作りに積極的に取り組んでおり、法定を上回る短時間勤務制度など、子育てしやすい就業制度を整備するとともに、個別の相談に応じ勤務時間の繰り下げを行うなど、従業員のニーズに即した取組みを実施している。

【審査員特別賞】株式会社イヤマトータルブリッジサポート

表彰理由:子どもを連れて働けるよう、社内に子どもスペースを設けるなど子育てと仕事を両立できる職場環境を整えている。またトップと従業員のコミュニケーションが密に取れており、トップ自ら従業員の相談を聞き、規則にとらわれずニーズに合わせて柔軟に休暇を付与するなど、子育てを支援する社風が出来上がっている。

旭産業有限会社

岡谷鋼機株式会社

株式会社協和エクシオ

桂新堂株式会社

株式会社光建

株式会社五大

昭和造園土木株式会社

株式会社千田土木

株式会社中京銀行

東海通建株式会社

株式会社ドコモCS東海

株式会社名古屋銀行

公益財団法人名古屋産業振興公社

公立大学法人名古屋市立大学

名古屋トヨペット株式会社

株式会社ノリタケカンパニーリミテド

藤貴建設株式会社

制度概要

子育てにやさしい企業活動について、一定の得点を得た企業を「子育て支援企業」として認定します。また、認定企業のうち、優れた活動を行っている企業を表彰します。

対象企業等

名古屋市内に事業所がある企業等。

企業等には、公益法人、NPO法人、個人商店なども含みます。

ただし、名古屋市子育て支援企業認定・表彰制度実施要綱第3条第2項の規定に該当するときは、子育て支援企業として認定しません。また、認定決定後にその旨が判明したときは、認定を取消します。

名古屋市子育て支援企業認定・表彰制度実施要綱第3条第2項について

  1. 過去3年間に、この制度の趣旨を著しく逸脱するような社会的不正行為を行った企業
  2. 過去3年間に、虚偽の申告その他不正な手段により認定を受けようとした企業
  3. 名古屋市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)が役員となっている企業又は同第1号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する企業

子どもや子育てにやさしい企業とは(評価項目)

次の(1)から(3)のすべて(支援・応援・協援)に取り組んでいる企業等を認定します。

(1)従業員に対する家庭と仕事の両立支援支援

子育てしやすい就業制度の整備など従業員に対する両立支援

(2)企業活動を通じた子どもと子育て家庭の応援応援

子どもや子育て家庭向けサービスの提供、なごや未来っ子応援制度への参加など、企業活動を通じた子どもと子育て家庭への支援

(3)地域の子育て活動との協働による支援協援

こども110番への参加、子ども職業体験の実施、地域子育て活動への物的・金銭的支援など、子育てに関する地域貢献

認定基準・実施要綱(平成28年度)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

募集期間(平成28年度)

平成28年7月1日(金曜日)から9月15日(木曜日)まで

※平成28年度の募集は終了しました。

認定企業のメリット

  • 認定・表彰企業を名古屋市公式ウェブサイトなどで公表します。
  • 認定証と認定プレートを交付します。
  • 認定マークを名刺や印刷物などに表示できます。
  • 名古屋市の入札・契約において次の優遇措置があります。

 (指名競争入札における優先指名、少額の随意契約における優先的な事業者選定総合評価落札方式による入札における加算点の対象となる場合があります)

子育て支援企業として認定された企業が使用できるマークです

名古屋市子育て支援企業認定マーク

申請から認定までの流れ

(1)認定申請

  • 認定(新規・更新)申請書
  • 写真、説明資料等

(2)認定審査

  • 学識経験者等により構成される認定審査会において、書類及びヒアリング審査を行います。
  • 必要に応じて現地調査を行います。

(3)認定

  • 認定を受けた企業等には、「認定証」と「認定プレート」を交付します。
  • 認定マークを名刺や発行する印刷物などに表示することができます。
  • 名古屋市の入札・契約において、優先指名などの優遇措置があります。
  • 認定を受けた企業等のうち、特に優れた活動を行っている企業等を表彰します。

(4)公表

  • 名古屋市公式ウェブサイトなどで企業名等を紹介します。

認定後

(5)更新

  • 認定期間は3年です。3年ごとに更新申請が必要です。

様式等のダウンロード

「子育て支援企業認定申請書(記入例)」のファイルについては、文字情報のない画像データになります。内容を確認したい場合は、〈子ども青少年局子ども未来課子ども企画係(052-972-3081)〉お問い合わせください。

平成28年度子育て支援企業認定・表彰式の様子

認定・表彰式の写真

平成29年1月26日(木曜日)にイーブルなごやにおいて、女性の活躍推進企業認定・表彰式と合同で行いました。

事例発表の写真

認定・表彰式に引き続き、子育て支援企業と女性の活躍推進企業それぞれで最優秀賞を受賞した企業による事例発表(写真は第一生命保険株式会社のもの)を行いました。

子育て支援企業一覧

子育て支援企業一覧(163社:平成29年1月26日現在)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

これまでに認定・表彰された子育て支援企業の情報はこちらをご覧ください。

関連リンク

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども未来課子ども企画係

電話番号

:052-972-3081

ファックス番号

:052-972-4437

電子メールアドレス

a3081@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ