ページの先頭です

大江破砕工場

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年3月15日

ページの概要:大江破砕工場について

施設の特色

大江破砕工場の航空写真
  • 市南部に位置する破砕工場です。
  • 不燃ごみ・粗大ごみを破砕し、資源・可燃物・不燃物に選別しています。

工場の概要

概要一覧
名称名古屋市大江破砕工場
所在地名古屋市港区本星崎町字南4047番地の13
敷地面積25,246平方メートル
延床面積31,046平方メートル
完成年月平成9年3月
施設規模

日量400トン(5時間稼動)
1系列当り日量200トン(5時間稼動)が2系統

形式横型回転式破砕機(タクマ製)
主な設備

破砕機、粗大ごみ切断機、磁選機、
選別機、コンテナ式搬出装置

集じん装置ろ過式(脱臭装置付)
建設費約272億円

ごみ処理の流れ

不燃ごみ、破砕ごみの処理については下の各ページにリンクすると詳しく説明しています。

大江破砕工場火災事故について

 平成20年8月18日に、大江破砕工場で火災事故が発生しました。この火災事故により、大江破砕工場は全面停止し、ごみの処理ができなくなりました。2系統ある処理設備のうち1系統を緊急に復旧させて、約1ヶ月後には処理を再開しましたが、残り1系統の処理設備や建物の一部が焼損してしまったため、約30億円の費用をかけて復旧工事を行いました。平成21年12月に全面復旧し、現在は2系統でごみ処理を行っています。

大江破砕工場火災事故に伴う不燃ごみ処理のあり方について(報告)

見学のお申し込み

 当面の間、新型コロナウイルスの感染予防のため、施設見学は行っていません。再開につきましては、当ホームページでご案内いたします。


ごみ処理工場見学の中止について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

ご自分で処理施設に搬入する場合(自己搬入)

 ご自分で処理施設に搬入するには、まず、ごみの発生した区の環境事業所で受付をする必要があります。処理施設では受付を行っておりません。また、受付をせずに処理施設にお越しいただいても、ごみを搬入することはできません。

 方法や手続きについては、「自己搬入のページ」をご覧いただくか、各区の環境事業所にお問い合わせください。

お問い合わせ先

名古屋市大江破砕工場

電話番号 052-611-8313

ファックス番号 052-611-1577

(お問合わせ受付時間)

月曜日から金曜日まで(12月29日から1月3日、祝日及び休日を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページの作成担当

環境局施設部工場課工場管理係

電話番号

:052-972-2384

ファックス番号

:052-972-4131

電子メールアドレス

a2384@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ