ページの先頭です

天白区地域包括ケア推進会議の取り組みについて

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年4月21日

地域包括ケアシステムについて

地域包括ケアシステムとは、高齢者がいつまでも住み慣れた地域で自分らしく暮らせる仕組みです。天白区では、地域包括ケアシステムの構築を推進するため、有識者や地域住民、医療や介護、福祉等の関係者で構成する「天白区地域包括ケア推進会議」にて、生活支援、認知症、健康づくりを中心に様々な課題に取り組んでいます。

このコーナーでは、天白区地域包括ケア推進会議の取り組みについてご紹介します。過去の取り組みについては以下のページをご覧ください。

天白区の地域包括ケアを推進する関係機関について

天白区で区役所、保健センターとともに地域包括ケアの推進に取り組んでいる関係機関です。詳細につきましては、リンク先をご確認ください。

  • 高齢者全般に関すること(相生、植田、植田北、植田東、植田南、しまだ、高坂、原、平針、平針北、平針南学区)

天白区東部いきいき支援センター(分室あり)(外部リンク)別ウィンドウ 

  • 高齢者全般に関すること(大坪、表山、天白、野並、八事東、山根学区)

天白区西部いきいき支援センター(外部リンク)別ウィンドウ 

  • 福祉全般に関すること

天白区社会福祉協議会(外部リンク)別ウィンドウ 

  • 在宅医療に関すること

天白区はち丸在宅支援センター(外部リンク)別ウィンドウ 

認知症相談窓口について

天白区では、下のポスターが貼られている居宅介護支援事業所や老人ホームなどで、認知症やもの忘れに関する相談を受け付けています。窓口では、認知症の方の状態に応じたサービスなどをまとめた「認知症ケアパス」をお渡しして、認知症への対応方法やサービスなどを説明しています。
認知症の相談窓口を案内

認知症相談窓口のポスター

認知症相談窓口一覧

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

認知症高齢者を介護する家族支援事業について

いきいき支援センター(地域包括支援センター)では、認知症高齢者を介護する家族を支援するために、さまざまな事業を行っています。介護に関する悩みは一人で抱え込まないで、交流会などに参加しながら日頃の悩みや不安について相談することができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

名古屋市公式ウェブサイト 認知症の方を介護する家族への支援

認知症初期集中支援チームについて

認知症初期集中支援チームとは、医療、介護の専門職及び認知症の専門医で構成されたチームで、各いきいき支援センターに設置されています。いきいき支援センターに寄せられた相談のうち、医療機関への受診や、介護サービスの利用ができていない認知症の方のご自宅を訪問するなどして、サービス利用の動機づけや利用の調整、認知症の重症度に応じた助言、介護負担感軽減のための家族への支援等を行っています。詳しくは以下のページをご覧ください。

名古屋市公式ウェブサイト 認知症に関する相談窓口

天白区地域包括ケア推進会議の体制について

各部会や会議で地域包括ケアシステム構築に必要な事項について検討を重ねていきます。様々な企画を実施していきますので、よろしくお願いします。

令和元年度天白区地域包括ケア推進会議の体制

このページの作成担当

天白区役所保健福祉センター福祉部福祉課高齢福祉係

電話番号

:052-807-3887

ファックス番号

:052-802-9726

電子メールアドレス

a8073895@tempaku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ