ページの先頭です

戦略1 尾張名古屋の歴史的骨格の見える化

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年7月1日

名古屋城と城下町、熱田の杜、城下町を支えた堀川や諸国を結ぶ街道などを尾張名古屋の歴史的骨格と捉え、これらを活かして名古屋の歴史・文化が身近に感じられるまちづくりを進めます。

方針1 名古屋城の再生と城下町のアイデンティティ継承

徳川家康の権威の下、当時の技術と文化の粋を集めて築かれた名古屋城については、近世城郭の代表例であるとともに、名古屋のまちのシンボルとして400年の歴史を歩んできた歴史をふまえ、城郭全体の再生に取り組みます。また、碁盤割の町割や旧跡を今に伝え、武家や町人の暮らしとともに名古屋の文化の中心を担ってきた城下町については、その歴史・文化を継承し、未来に伝えていきます。
名古屋城の天守閣の写真

名古屋城

方針2 悠久の歴史を誇る熱田の魅力向上

悠久の歴史を誇る熱田神宮を中心とする熱田界隈について、尾張名古屋のルーツを物語るまちとして魅力の向上を図ります。また、古代熱田と伝承でつながる上志段味や大高一帯について、その歴史的資源を活かしたまちづくりを推進します。
熱田の杜の航空写真

熱田の杜

方針3 有松・堀川など「まち・むら」をつなぐ「道・水」を活かす

城下・熱田と街道等により結ばれた、特色ある「まち・むら」について、固有の歴史的資源を活かしたまちづくりを推進します。また、城下町を中心に周辺諸国や周辺の村々をつないだ街道や、くらしを支えた河川や用水など、尾張名古屋をつなぐ歴史的な「道」や「水」のネットワークを継承し、まちづくりに活かしていきます。
有松の歴史的な町並みの写真

有松の町並み

他の戦略へのリンク

このページの作成担当

観光文化交流局文化歴史まちづくり部歴史まちづくり推進室保存支援係

電話番号

:052-972-2779

ファックス番号

:052-972-4128

電子メールアドレス

a2779@kankobunkakoryu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ