ページの先頭です

【まちなみデザイン20選】鶴舞公園奏楽堂の夕景

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年1月20日

ページID:136099

鶴舞公園奏楽堂の夕景の写真

鶴舞公園奏楽堂の夕景

投稿者のコメント

「鶴舞公園」のシンボル「奏楽堂」は、イタリアルネッサンス風の建物です。

西空に沈む夕日で、空が茜色に染まり公園の一日の終わりを告げていました。〔佐々 基成さん〕

所在地

昭和区鶴舞一丁目

概要

奏楽堂は明治43(1910)年、第10回関西府県連合共進会の際に建てられたルネッサンス様式の円形の建物で、設計は名古屋近代建築の先駆者である鈴木禎次。昭和初期の台風で崩壊したため、平の屋根を備えた形で再建されたが、当初の姿に戻したいとの声が強く、平成9(1997)年に復元された。

このページ内にある写真データの利用について

このページ内にある写真データはオープンデータとして提供しており、二次利用していただくことが可能です。なお、著作者(名古屋市)を表示する必要はありません。ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。

注意点

法令や公序良俗に反する恐れがある場合の利用はお断りします。また、利用された媒体等の内容には、一切の責任を負いません。

「鶴舞公園奏楽堂の夕景」の写真データ

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部ウォーカブル・景観推進室都市景観係

電話番号

:052-972-2732

ファックス番号

:052-972-4485

電子メールアドレス

a2732@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ