ページの先頭です

災害時!最寄りの避難所開設情報

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年6月1日

避難所開設情報の公開について

 近年は自然災害による被害が各地で多発しており、令和2年台風第10号においては、九州地方の複数の避難所で収容人数を超える避難者が集中し、別の避難所を紹介するなどした事例が発生しています。
 そのような状況の中、適切な情報に基づく避難により、特定の避難所への避難者の集中や、避難所間の移動を防ぐための対応として、スマートフォンやパソコンで避難所等の「開設・未開設・満員」といった状況が確認できるウェブサイトを公開しています。
 災害時!最寄りの避難所開設情報(トップページ)(外部リンク)別ウィンドウ
 普段から、自分が住んでいる地域の避難所などについて確認し、いざという時に、適切な避難ができるように準備をしておきましょう。


災害時!最寄りの避難所開設情報トップページ画面です。

トップページ画面

QRコードを読み取ることでトップページが表示されます。

津波からの緊急避難場所

指定緊急避難場所のマークです。

津波に対する避難は、浸水区域外への避難が原則ですが浸水区域外へ避難することができない場合には、津波避難ビル(指定緊急避難場所)などの安全な高い場所に避難してください。

参考画面です。

(参考画面)

QRコードを読み取ることで津波からの緊急避難場所ページが表示されます。
  • 開設時期
    津波避難ビルは、津波警報や大津波警報が発令された場合に利用可能です。
  • 注意事項
    食料や飲料水など、当面の避難に必要なものは持参しましょう。


  • 津波避難ビルとは
    地震発生後、伊勢・三河湾に津波警報や大津波警報が発表された場合、すぐに津波の来ない高台まで逃げる必要があります。しかし、津波の来ない高台に行きたいけれども時間がないという場合や、近くに高台がないという場合において、緊急的な一時避難場所となるのが津波避難ビルです。
    津波避難ビルについて

大雨・洪水からの緊急避難場所

指定緊急避難場所のマークです。

台風やゲリラ豪雨などによる浸水発生時に緊急避難をする場所(指定緊急避難場所)を表示しています。想定される浸水の深さに応じ、避難階が指定されている場合があります。

参考画面です。

(参考画面)

QRコードを読み取ることで大雨・洪水からの緊急避難場所ページが表示されます。
  • 開設時期
    名古屋市から避難情報(高齢者等避難や避難指示など)が発令された場合に、発令対象地域内の施設が開設されます。表示されている避難情報発令対象地域と施設の開設状況を参考にしてください。
  • 注意事項
    避難情報発令前に自主的に避難しようとする場合には、事前に区役所に連絡し、避難先などの確認を受けてください。
    食料や飲料水など、当面の避難に必要なものは持参しましょう。


  • 指定緊急避難場所とは
    自宅にとどまると、命を守れない場合など、被害が発生するおそれがあり、急いで避難することが必要な場合において、災害ごとに適した緊急避難をするための場所が指定緊急避難場所です。
    指定緊急避難場所・指定避難所の指定について

避難生活を送る場所(指定避難所)

指定避難所のマークです。

洪水や津波から命を守るため緊急的に避難する場合には、指定緊急避難場所に避難してください。

参考画面です。

(参考画面)

QRコードを読み取ることで避難生活を送る場所(指定避難所)ページが表示されます。
  • 開設時期
    災害のおそれがなくなったあと、避難者が発生した場合に必要な指定避難所を開設します。表示されている開設状況を確認してください。
    また、在宅避難をする場合でも、必要な物資を指定避難所で受け取ることができます。
  • 注意事項
    当面の避難生活に必要なものは持参しましょう。


  • 指定避難所とは
    自宅が被災し、災害のおそれがなくなったあと帰宅ができない場合に、一時的に避難生活を送る場所です。
    避難所の運営について

防災関連リンク

このページの作成担当

防災危機管理局 地域防災室地域防災係

電話番号

:052-972-3591

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3591@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ