ページの先頭です

龍興寺

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年2月24日

ページの概要:龍興寺の紹介

龍興寺

天文2年(1533)信長の頃、この地の豪族、御器所城主の佐久間盛次が建立したといわれるが、戦災ですべて焼失してしまった。
昭和53年(1978)、実業家藤山雷太氏の旧邸(東京芝白金の迎賓館)を移築して本堂とした。