ページの先頭です

平成30年度 港区防災のつどい

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月10日

平成30年度 港区防災のつどい 「現役防災士の体験から防災を学ぶ」

 平成30年9月22日(土曜日)に、港文化小劇場にて「港区防災のつどい」を開催しました。

 南陽地区連絡協議会と港区役所の共催で実施しました。

 今年は"現役防災士の体験から防災を学ぶ"をテーマに実施し、当日は多くの方にご来場いただきました。

 当日の様子を一部ですが、ご紹介します。

  • チラシ
  • チラシ裏

ブース展示

防災パネル展

  • パネル展
協力:港防災センター

防災グッズ販売ブース

  • 防災グッズ

協力:(社福)名古屋ライトハウス明和寮

プログラム

映画上映 「いつか君の花明かりには」

 始めのプログラムとして、防災団体やろうよ!こどもぼうさい代表で、日本防災士機構認定防災士としても活躍されている山崎光氏が作成した防災啓発ドキュメンタリー映画「いつか君の花明かりには」を上映しました。

  • 映画上映の様子

岩手県陸前高田市の津波到達地点に桜を植える活動を行っている「認定NPO法人 桜ライン311代表・岡本翔馬氏」や、宮城県・熊本県の二か所にて災害を体験した「歌うママ防災士・柳原志保氏」を中心とした、日本全国の防災意識向上を願う人々の声を集めた映画です。若者、教育者、そして子どもを持つ親など、様々な層に防災の大切さを訴える作品となっています。

映画の上映後には、監督の山崎光氏により、映画の内容とご自身が行っている防災活動についての講演をしていただきました。

  • 山崎光氏による講演の様子

また、プログラムにはありませんでしたが、港防災センターの大場センター長にもお越しいただき、港防災センターで実施しているイベントなどの紹介と山崎光氏との対談を実施しました。

  • 大場センター長による講演の様子
  • 対談の様子

日頃防災活動に尽力されているお二人から貴重なお話を聞かせていただきました。

港防災センターは、港区役所と同じ建物内に併設しておりますので、港区役所にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

避難訓練コンサート

 最後のイベントは、避難訓練コンサートです。

 このイベントは、プロのアーティストによるコンサートを実施するとともに、イベントの最中に地震が発生し、津波が来るという状況を想定した避難訓練を行う、というものです。好評により、昨年度に引き続き今年度も実施させていただきました。

  • コンサートの様子 その1
  • コンサートの様子 その2
 演奏は、ミュージックベル アンサンブル「Twinkle」のみなさんです。ミュージックベルの美しい音色と息の合った演奏をお聴きいただくことができました。
  • シェイクアウト訓練の様子
  • 避難訓練の様子

 コンサートの終了間際に、緊急地震速報が鳴り、その数秒後に地震の模擬音が会場に響きました。

 シェイクアウト訓練を実施した後、港文化小劇場の向かいにある国際留学生会館3階の体育館への津波避難訓練を実施しました。

 シェイクアウト訓練とは、1、頭を守り 2、姿勢を低くし 3、揺れが収まるのを待つ という3つの行動を実践する訓練です。

 「大規模地震が起きた際には、命を守るためにすぐにシェイクアウトを行う」という意識付けが重要です。

 参加者の皆さまには、真剣な表情でこのシェイクアウト訓練に取り組んでいただきました。

 

 以上、平成30年度港区防災のつどいの報告でした。

 晴天にも恵まれ、有意義なプログラムを行うことができました。ご協力・ご来場いただいた皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

このページの作成担当

港区役所区政部総務課庶務係

電話番号

:052-654-9611

ファックス番号

:052-651-6179

電子メールアドレス

a6549611@minato.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ