ページの先頭です

ここから本文です

消防局 市民の皆様へ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年2月1日

ページID:155393

ーやさしさのかたちー あなたが救える命のために

名古屋市応急手当研修センターが主催する講習について

心臓が止まってしまったとき、救急車が到着するまでの間、居合わせた方が応急手当を行うことで、救命の可能性が2倍程度に保たれます。

あなたが救える命のために、ぜひ救命講習を受講してください。講習には、様々な種類があります。ご自身にあった講習を受講してください。 詳しくは下のバナーをクリックしてください。

  • 応急手当の各種講習のページに飛ぶバナー画像

応急手当に関する講習を受講しましょう!

名古屋市応急手当研修センターでは、名古屋市内に在住、在勤または在学の方を対象として、小学校4年生から受講できる様々な救命講習を用意しています。なお、講習費用は無料です。

大切な人を守るために、もしもの時のため、ぜひ応急手当に関する講習を受講しておきましょう。 

応急手当研修センターの職員の写真

申込先【応急手当研修センター】

応急手当研修センターは、昭和消防署の4階に入っています。 昭和消防署は地下鉄御器所駅から5番出入口より西へ約100メートルに位置しています。講習中、継続して車を駐車することができませんので、公共交通機関でお越しください。 駐輪場はございますので、自転車などの利用は可能です。

電話番号:052-853-0099 

受付時間:平日の午前8時45分から午後5時15分まで

あんちゃんの画像

安全な水素ステーションを目指して

街中で、水素自動車を見かけたことはありますか。水素自動車は走行時に二酸化炭素を排出しないため、環境に良い乗り物として、徐々に普及が進んでいます。 ガソリン自動車にとってのガソリンスタンドのように、水素自動車には水素を充てんする水素ステーションがあり、名古屋市内では、9つの水素ステーションが営業しています。(令和6年1月現在)

水素ステーションには高圧ガス保安法に基づき様々な基準が設けられ、安全が確保されています。セルフ方式も認められ、お客さんが自分で充てんすることができるステーションも増えつつあります。 

消防局では、高圧ガス保安法に基づく業務として水素ステーションの基準が守られるよう確認を行っています。市民の皆様に安心してご利用いただけるよう、事業者の方と共に、一層の安全確保に努めていきます。

関連リンク

水素エネルギーを使用した様々な取り組みについては、「水素エネルギーの利活用の推進」や「公用車への燃料電池自動車の導入」をご覧ください。  

水素ステーションの写真

『理想とする組織』をめざして

ポッカレモン消防音楽隊の演奏依頼について

消防局 広報アンバサダーについて

消防局では、消防行政の広報活動や情報発信をおこなって頂けるか方などに、広報アンバサダーを委嘱しています。

令和4年度ご協力頂きました広報アンバサダー

ラジオによる広報

名古屋市消防局【公式】SNSについて

寄附について

名古屋市においても、名古屋市役所名古屋城名古屋市博物館など、100以上の文化財があり、毎年1月26日及びその前後の日に、消防訓練や防火講習会等を行い文化財の防火運動を実施します。 みなさんのご自宅も、文化財同様に火災を未然に防ぎ、大切な命や財産を守りましょう!

このページの作成担当

消防局総務部総務課企画広報係

電話番号

:052-972-3505

ファックス番号

:052-972-4195

電子メールアドレス

00kikakukouhou@fd.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ