ページの先頭です

子ども虐待とは

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年1月12日

子ども虐待とは、保護者が子どもの体や心を傷つけたり、子どもをほったらかしにしたりする行為です。

虐待かどうかは保護者の意図にかかわらず、子どもの視点で判断します。保護者が「子どものことを思ってのしつけだ」と考えていても、子どもにとって有害であり、子どもが苦痛を感じていれば「虐待」です。

虐待は子どもの人権を著しく侵害し、心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えます。

身体的虐待

身体的虐待イラスト

子どもの体を傷つけること

  • 殴る
  • 蹴る
  • 首をしめる
  • 投げ落とす
  • 溺れさせる
  • 物を投げつける
  • 刃物で刺す
  • 熱湯をかける
  • タバコを押し付ける
  • 冬に戸外へ閉め出す
  • 一室に閉じこめる など

性的虐待

性的虐待イラスト

子どもにわいせつな行為をすること

  • 性交
  • 性的いたずら
  • 性的暴行
  • 性器を見せる
  • 性交を見せる
  • ポルノグラフィーを見せる
  • ポルノグラフィーの被写体にする など

ネグレクト

ネグレクトイラスト

子どもの養育が十分に行われないこと

  • 十分な食事を与えない
  • 衣服を替えさせない
  • 入浴させない
  • 不衛生な環境で生活させる
  • 長時間子どもだけで放置する
  • 保育園、幼稚園、学校に通わせない
  • 発病、負傷しても病院へ連れて行かない
  • 子どもに対する同居人の身体的虐待、性的虐待または心理的虐待を放置する など

心理的虐待

心理的虐待イラスト

言葉で攻撃することや拒否すること

  • 言葉で脅迫する
  • 子どもの心を傷つけることを繰り返し言う
  • 無視する
  • 拒否的な態度をとる
  • 他の兄弟と比べ著しく差別的な扱いをする
  • 子どもの目の前で配偶者に対して暴力を振るう など

上記のような虐待を受けても小さな子どもは「自分が悪い子だからだ」「自分のせいだ」と思い込み、自らを責めることも多いのです。

児童相談所では へ

子ども虐待の通告・相談先について

このページの作成担当

子ども青少年局子育て支援部児童福祉センター中央児童相談所相談調整係

電話番号

:052-757-6111(代表)

ファックス番号

:052-757-6122

電子メールアドレス

a8326111-11@kodomoseishonen.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ