ページの先頭です

HACCP制度化とは?

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年8月21日

ページの概要:食品衛生法が改正され、HACCPに沿った衛生管理が制度化されました。

HACCP制度化について

HACCPとは?

HACCPとは、事業者自らが食品を取扱う工程中でどこが・何が危ないか把握し、特に重要な工程を決め、その工程を集中管理する、国際的に認められている衛生管理の方法です。

HACCPに関する説明画像

HACCP制度化の概要

令和2年6月1日から、原則として全ての食品等事業者が、取扱う食品の特性や営業の規模に応じて、次のいずれかの取組みが求められます(経過措置期間1年)。

HACCP制度化の概要に関する図です。

HACCPに基づく衛生管理

HACCP7原則に基づき、食品等事業者自らが使用する原材料や製造方法等に応じた計画を作成し、適切な管理・記録を行う。

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理

事業者団体が作成し、厚生労働省が内容を確認した手引書を利用して、一般的な衛生管理を主体としつつ、温度管理等の手順を定め、簡便な記録を行う。

HACCP導入のメリットは?

  • 衛生管理のポイントが明確になります。
  • 従業員の誰でも同じ衛生管理ができます。
  • 事故・クレームの速やかな原因究明、改善に役立ちます。
  • 第三者に自分たちの取り組みを知ってもらうことができます。

問い合わせ先

事業者のみなさまにいち早く導入していただけるよう、保健センターがそれぞれの施設に応じて助言等を行いますので、ぜひご相談ください。

参考情報

リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局健康部食品衛生課食品衛生係

電話番号

:052-972-2646

ファックス番号

:052-955-6225

電子メールアドレス

a2646@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ