ページの先頭です

2R推進実行委員会

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年12月16日

設置目的

2R(発生抑制〔Reduce〕・再使用〔Reuse〕)を推進し、ごみの発生を抑制する取り組みを、市民・事業者・行政の協働により進めていきます。

構成

学識経験者、消費者代表、事業者代表で構成。平成13年5月発足。

平成29年6月より、「容器・包装3R推進実行委員会」から「2R推進実行委員会」へ名称を変更しました。

2R推進実行委員会構成団体等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

主な取組の内容

容器・包装の発生抑制の第一歩として、レジ袋の削減に取り組み、統一キャンペーンや、市内共通シール方式による還元制度「エコクーぴょん」を実施してきました。現在は、更なるレジ袋の削減をめざし、レジ袋有料化の促進に取り組んでいます。また、使い捨て飲料容器や食品ロスの削減の取り組みなどについて、協議・検討をしています。

レジ袋有料化の取り組み

マイボトル・マイカップ普及キャンペーン

使い捨てプラスチックの削減に関する取り組み提案を募集します

このページの作成担当

環境局ごみ減量部減量推進室減量企画担当

電話番号

:052-972-2398

ファックス番号

:052-972-4133

電子メールアドレス

a2378@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ