ページの先頭です

ここから本文です

景観協定

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年10月7日

ページID:114925

景観協定について

 景観協定とは、地域の魅力的な景観の形成に関して、一定区域内の土地所有者と借地権者が申し合わせて協定を結び、市長の認可を受けることで公的なものとする、景観法で定められた制度です。

 現在、名古屋市内では、名駅三丁目地区と那古野一丁目地区において景観協定が締結されています。

景観協定の特徴

  1. 地域の皆さんが話し合って、まちづくりのルールを定め、運営していくものです。
  2. 景観協定区域の土地所有者等が変わっても協定の有効期間内は効力が継承されます。

手引き・事務取扱要綱

景観協定の手引き

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

名古屋市景観協定の認可等に関する事務取扱要綱

事前協議について

景観協定区域内では、地域の方々が建築物、工作物、広告物などについてルールを定めています。

景観協定区域内で建築物の新築、工作物の新設、広告物の新設・表示内容の変更等を行う場合には、各地区の運営団体の事務局と事前協議を行っていただきますようお願いします。

計画案を作成されましたら、計画変更の可能な時期に協定の運営団体の事務局と事前協議を行ってください。そのあと、工事着手前に建築確認申請等の行政上の手続きを行ってください。

景観協定地区

関連リンク

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部ウォーカブル・景観推進室都市景観係

電話番号

:052-972-2732

ファックス番号

:052-972-4485

電子メールアドレス

a2732@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ