ページの先頭です

発災時どうする?地域の防災リーダーの活動

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年10月28日

発災時どうする?地域の防災リーダーの活動

災害発生時には、災害対策委員をはじめとする地域の防災リーダーは、自主防災組織、災害救助地区本部、避難所管理組織といった地域の防災組織で活動することとなります。

しかし、役割を兼任している場合があるなど、実際の災害発生時にどのような動きをすれば良いのかが分かりにくいといった声が多く寄せられていました。

そこで、地域の防災リーダーとなる方が、災害発生時にどのような初動を取るべきなのか、また、日頃から災害に備えてどのようなことをしておくべきかといったことを簡潔にまとめたリーフレットを作成しました。

添付ファイルはテキスト情報のない画像データが含まれておりますので、内容を確認したい場合は、下記の「このページの作成担当」にお問い合わせください。

地域の防災リーダーの初動対応リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

災害救助地区本部

行政と地域をつなぎ、情報の収集や伝達、支援要請をなどを担う、地域の防災拠点

災害救助地区本部運営マニュアル

「災害救助地区本部運営マニュアル」のデータは以下よりダウンロードできます。

添付ファイルはテキスト情報のない画像データが含まれておりますので、内容を確認したい場合は、下記の「このページの作成担当」にお問い合わせください。

災害救助地区本部運営マニュアル

災害対策委員

平常時は、地域と本市との橋渡し役として地域の声を区役所に届けていただき、災害時は、災害救助地区本部(主に小学校に設置)に災害救助地区本部委員として従事し、学区の被害などを集約し区役所へ報告するなどの役割を担う

災害ごとに具体的なイメージを持つ

地域における避難行動を検討していく上で、災害時に、どのようなことが起こるかを知り、災害に対する具体的なイメージを持つことが大切です。そこで、風水害時と地震時に起こる事象と被害を受けるポイント、お住まいの地域における災害リスクを確認する方法などをまとめた資料を作成しました。それぞれの資料を見て、災害の具体的なイメージを持っておくようにしましょう。

添付ファイルはテキスト情報のない画像データが含まれておりますので、内容を確認したい場合は、下記の「このページの作成担当」にお問い合わせください。

自主防災組織

命を守り、火災などからの被害を軽減するための活動をする組織

避難所管理組織

避難所の運営を円滑に行うための組織

リンク先


このページの作成担当

防災危機管理局 地域防災室地域防災係

電話番号

:052-972-3591

ファックス番号

:052-962-4030

電子メールアドレス

a3591@bosaikikikanri.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ