ページの先頭です

保有資産の有効活用に向けた取組み

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年8月29日

ページの概要:保有資産の有効活用に向けた様々な取組みをご案内するページです。

保有資産の有効活用に向けた取組み

名古屋市では、アセットマネジメントの取組みを推進することによって、資産全体の効用の最大化を図り、安心・安全で適切なサービスの継続的な提供を目指しています。

平成24年3月に策定した「名古屋市アセットマネジメント推進プラン」においては、アセットマネジメントの具体的な取組みとして、施設の長寿命化の推進など経費の抑制と平準化、新築・改築における施設の集約化のほか、保有資産の有効活用と財源確保を推進するものと位置づけられています。

保有資産の有効活用として、以下の取組みを進めています。

  1. 市有地の売払い
  2. 市有地の貸付け
  3. ネーミングライツ
  4. 公有財産を活用した広告事業
  5. 未利用地の調整

これらの取組みにより、行政側は財源確保や維持管理費の縮減、企業側は新たなビジネスチャンスや社会貢献の機会を得ることができます。

1.市有地の売払い

施設の統廃合や事業の見直しなどによって当初の利用目的がなくなった市有地のうち、他の公的利用が見込まれないと判断された土地については、売払いを進めています。

2.市有地の貸付け

(1)未利用・低利用の市有地や当分の間利用計画が予定されていない市有地については、民間への貸付けを進めています。

(2)公共施設における自動販売機の設置に係る市有地及び建物の貸付けを進めています。

3.ネーミングライツ

ネーミングライツ導入一覧

Adobe Reader の入手(別ウィンドウで開く)
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

4.公有財産を活用した広告事業

市が保有する資産(例:土地、建物、公式ウェブサイト、印刷物など)を広告媒体として活用し、民間事業者等の広告を掲載しています。

本市取組み事例の紹介

AED一体型広告の設置事例についてご紹介します。

AED一体型広告の設置事例

5.未利用地の調整

有効活用の検討対象となり得る物件について把握するとともに、該当物件の具体的な活用策の検討を行っています。

未利用地の有効活用に向けた検討対象物件の調整状況

【参考】

このページの作成担当

財政局 財政部 資産経営戦略室 活用促進係
電話番号: 052-972-2318
ファックス番号: 052-972-4122
電子メールアドレス: a2318@zaisei.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ