ページの先頭です

農業公園で遊ぼう!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2011年4月1日

 農業公園は、都市農業の振興とレクリエーション活動の場の提供を目的に設置された公園です。

 名古屋市には3つの農業公園があり、農業センターは野菜・畜産、東谷山フルーツパークは果樹、農業文化園は花と水稲というそれぞれの特色を活かした施設運営を行っています。

 年間を通して講座・企画展・イベントの開催、園芸相談等を実施していますので、遊びにきてください!

農業センター

 農業センターは、野菜や草花・家畜の展示のある農業公園です。しだれ梅の名所でもあり、約700本が植栽されています。

 広く市民に開放し農業と気軽にふれあいながら知識を深められるよう、各種園芸教室、野菜等の収穫・加工体験、夏休み酪農体験、親子乳搾り教室、名古屋コーチン料理講習会、小動物ふれあい広場、名古屋コーチンのヒヨコとのふれあいタイムを開催しています。

 また、「農業ボランティア支援事業」や多種多様な市民農園を設置・運営する「農園のあるまちづくり事業」を行い、農業振興を担っています。なお、荒池緑地を持続可能なふるさととする「荒池なごやかファーム構想」の中核施設として位置づけられています。

 農業センターのページへ行きたい場合は、こちらをクリックしてください。 

農業センターのイベント風景

東谷山フルーツパーク

 東谷山フルーツパークは、果物をテーマにした農業公園です。園内には果樹園や世界の熱帯果樹温室(有料)、くだもの館などがあります。

 自然とふれあえるレクリエーション施設として利用されるほか、各種の展示会、講習会等を開催し、果物に関する知識の紹介、果樹栽培技術の普及向上に努めています。

 また、「春」には園内約1,000本のシダレザクラが満開となり多くの花見客でにぎわいます。「夏」には、公園周辺のぶどう園で、ぶどう狩りが楽しめるなど、東谷山フルーツパークは、一年中フルーツでいっぱいです。

 東谷山フルーツパークの概要は、こちらをクリックしてください。

 東谷山フルーツパークの指定管理者のページへ行きたい場合は、こちらをクリックしてください。(外部リンク)別ウィンドウ

温室内の様子

農業文化園

 農業文化園は、花と水と自然に恵まれた環境を生かして、平成元年に開園しました。

 園内には、農業の歴史や技術を学ぶことができる農業科学館や花をテーマとしたフラワーセンターがあります。 

 また、セル苗生産システムを導入し、良質な花苗を生産する花工場があり、市内の公園や道路などの花壇へ安定した供給を行なっています。

 農業文化園の概要は、こちらをクリックしてください。

 農業文化園・戸田川緑地の指定管理者のページへ行きたい場合は、こちらをクリックしてください。(外部リンク)別ウィンドウ

農業文化園の風景

このページの作成担当

緑政土木局 都市農業課生産振興係

電話番号

:052-972-2499

ファックス番号

:052-972-4141

電子メールアドレス

a2461@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ