ページの先頭です

農業センター delaふぁーむ

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年6月8日
牛舎の外観
農業センターdelaふぁーむのロゴ

 農業センターは、名古屋市の農業振興をはかるため、昭和40年4月1日に開設され、農業技術の普及・指導を行ってきました。今では名古屋の都市化にともない、農業に親しむ機会の少なくなった市民に、農業に親しみながら、ゆったりと憩うことのできる施設として利用されています。
 牛の放牧場、さまざまな鶏がみられる展示鶏舎、ふ化の見られるふ化展示室などの畜産施設、花の展示施設、野菜の栽培温室、野菜の畑などの園芸施設、芝生広場と約700本のしだれ梅園などを自由にご覧いただけるほか、農業センターで搾った生乳を使ってつくられた牛乳・アイスクリームも楽しめます。

※イベント、園内の様子、しだれ梅の開花情報、家畜や植物などについて、ツイッターフェイスブックでお伝えしています。

農業センターの愛称が決まりました
 農業センターの愛称が「delaふぁーむ」になりました。

施設紹介

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

ご来園される方へのお願い(新型コロナウイルス感染防止対策)

来園前

  • 体温チェックをお願いします。
  • 風邪の症状(せきや発熱、のどの痛みなど)がある方や、体調が優れない方は、来園を自粛してください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールをお願いします。

園内

  • マスクの着用をお願いします。
  • 大声を出したり、極端に密集したりすることは避けてください。

主な催し物

農業センターまつり

 令和3年11月上旬(予定)

しだれ梅まつり

 令和4年2月下旬から3月中旬まで(予定)

園内情報

    

 

 ※次の行事予定表のファイルはサイズが大きいため、ファイルを開くのに時間がかかりますのでご注意ください。

令和3年度行事予定表(令和3年4月から令和3年9月まで)

園内案内図

農業センターの園内案内図

ガイド

所在地

 郵便番号 468-0021 名古屋市天白区天白町平針黒石2872番地の3

交通

地下鉄鶴舞線「平針」下車 徒歩20分または市バス「地下鉄原」行き、「農業センター北」下車、徒歩5分

地下鉄鶴舞線「赤池」下車 徒歩20分または名鉄バス「祐福寺」または「前後」行き、「荒池」下車、徒歩6分

車・名二環  植田ICから県道56号経由、約10分(約3km)

駐車場

第1駐車場 普通車190台 第2駐車場 普通車34台 無料
※農業センターまつりとしだれ梅まつりの期間中は有料になります。

団体のお客様へ

通常は大型バス・マイクロバス等の駐車は可能です。詳しいことは、電話でお問合せ下さい。但し、農業センターまつりとしだれ梅まつりの期間中は大型バス等の駐車場がございません。ご了承下さい。

開園時間

午前9時から午後4時30分まで

休園日

毎週月曜日(ただし、国民の祝日または振替休日の場合は直後の平日)
年末年始(12月29日から1月3日まで)

入園料

無料

電話番号

052-801-5221

ファックス番号

052-801-5222

地図

企画や運営に関するアイディア等について(企業向け)

農業センターでは、企業の皆さまから企画や運営に関するアイディアや参加提案などを随時募集しております。

また現在、「農業センター de la ふぁーむ」について、指定管理者制度の導入や、民間事業者のアイデア提案による施設改修など、民間活力を積極的に活かした魅力向上事業の検討を進めています。

名古屋市農業センター魅力向上事業

詳細は電話または電子メールでお問合せください。

関連リンク

このページの作成担当

農業センターdelaふぁーむ 管理係
電話番号: 052-801-5221
ファックス番号: 052-801-5222
電子メールアドレス: nogyocenter@ryokuseidoboku.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ