ページの先頭です

風水害に備えて

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2019年6月12日

風水害に備えて何をしたらいいの?

洪水・内水ハザードマップを活用し家族で話し合いましょう!

 平成12年の東海豪雨や平成20年8月末豪雨では、河川や下水道の能力を超える大雨により浸水被害の発生しました。

 浸水被害を最小限にするために、「洪水・内水ハザードマップ」を活用していただき、緑区の浸水状況を把握して、いざという時の避難行動について家族であらかじめ、連絡方法等を話し合っていただくなど、日ごろから災害に備えましょう!

 緑区の洪水・内水ハザードマップ

防災情報を確認しましょう!

 災害時はさまざな情報が随時更新されますが、情報の収集は自身の安全を確保するために、非常に重要です。情報の収集方法はテレビ・ラジオだけでなく、ホームページなどからもさまざまな情報を入手することができます。

 名古屋市のホームページからも情報を入手できますので、是非活用してください!

 災害時緊急情報に関する説明はこちらをご覧ください⇒災害時緊急情報について

落雷により停電した場合

 落雷により停電した場合はこちらのページをご覧ください。⇒「中部電力停電情報」(外部リンク)別ウィンドウ

避難情報を知っておきましょう!

 災害時はさまざまな避難情報が発表される可能性があります。避難情報が発表される前に、備えをしておきましょう!

 避難情報の種類に関してはこちらをご覧ください。⇒避難情報について

 

 なお、緑区の避難情報の発表基準は以下の通りです。

緑区避難情報一覧
区分 避難準備情報避難勧告対象学区
内水氾濫60分降雨量50mm以上、かつ以降120分予想雨量が100mm以上市本部で必要と認めた場合鳴海、相原、片平、浦里、緑、平子、鳴海東部、小坂、常安、大清水、徳重、熊の前、東丘、太子、鳴子、長根台、戸笠、有松、桶狭間、南陵、大高、大高南、大高北
土砂災害名古屋市に土砂災害警戒情報が発表され、県による危険度レベル2に達した場合名古屋市に土砂災害警戒情報が発表され、県による危険度レベル3に達した場合鳴海、旭出、滝ノ水、片平、緑、平子、鳴海東部、神の倉、東丘、長根台、有松、桶狭間、南陵、大高、大高南、大高北、黒石
河川洪水 天白川水位3.5m
以降60分予想雨量30mm
水位3.9m
以降60分予想雨量30mm
鳴海、片平、浦里
河川洪水 扇川水位2.5m水位3.0m鳴海、相原、平子

簡易水防工法を覚えましょう!

 水害の応急処置として、簡易水防工法のやり方を覚えておきましょう!

 簡易水防工法一例はこちらをご覧ください⇒簡易水防工法の例

 ※簡易水防工法は、あくまでも小規模な水災で水深の浅い初期の段階で行うものです。危険を感じる前に早めに避難することが肝心です。

河川の水位を確認しましょう!

 緑区では大きな川が流れており、特に天白川・扇川は避難情報が発表される可能性があります。避難情報が発表されたときにすみやかに避難できるように、大雨のときには河川の水位を確認することが重要です。

 河川水位を確認する場合はこちらをご覧ください。⇒名古屋市水防システム(外部リンク)別ウィンドウ

このページの作成担当

緑区役所 総務課 庶務係
電話番号: 052-625-3906
ファックス番号: 052-623-8191
電子メールアドレス: a6253903@midori.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ