ページの先頭です

熱中症を予防しましょう!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年6月12日

ページの概要:熱中症の予防と関連リンクページについてご紹介しています

熱中症は予防が大切です

真夏の太陽

熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さになれていない時は注意が必要です。

熱中症とは?

暑い環境の中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調整機能が効かなくなることによって起こる様々な病状を総称して熱中症といいます。

重症になると、命にかかわる場合もあります

熱中症の症状は?  

軽度:めまい、立ちくらみ、筋肉痛

中度:頭痛、吐き気、倦怠感

重度:意識がない、けいれん、高体温、呼びかけに対して返事がおかしい、運動中にふらつく

応急手当の原則

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する

※水が飲めない、意識がない場合は直ちに、119番を!

熱中症が発生しやすい条件

高温、高湿度、風がない、日差しが強い、急に暑くなった日

※屋外だけでなく、屋内でも起こります。

熱中症になりやすい人

高齢者、幼児、肥満の人、病気で体調が悪い人、暑さに慣れていない人

ポイント

※幼児は体温調節が十分発達していないため、注意が必要。晴れた日には、地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に厚い環境にいます。 

※高齢者は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症になることがあります。

温度計

熱中症の予防法

温度・湿度を意識しましょう

温度・湿度・風通しを気にかけ、ときどき測定しましょう。

蒸し暑い日は、日陰など涼しい場所を選びましょう。

蒸し暑い室内では、昼間でも夜間でも、無理せずにエアコン・扇風機を利用しましょう。

室温のめやすは28℃です!

のどがかわかなくても水分補給!

※天気予報の高温注意報、熱中症予測にも注目しましょう。

 

こまめに水分を摂りましょう

水筒を持ち歩いたりして、いつでも水分を摂れるようにしましょう。

のどが渇かなくても定期的に水分を摂りましょう。(特に高齢者の方)

スポーツや作業の前には水分を補給し、大量に発汗する状況での休憩時にはスポーツドリンクや多少塩分の含まれた水分などの補給に努めましょう。

水分補給用のペットボトル

帽子・日傘、涼しい服装を心がけましょう

 通気性の良い、吸湿・速乾の洋服を選びましょう。

 暑い日はスポーツ、長時間の外出を避けましょう。

 暑さが続くとからだも疲れます、意識して身体を休めましょう。

 

日よけ帽子

熱中症情報に関するホームページ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 健康増進課 地域看護係
電話番号: 052‐972‐2632
ファックス番号: 052‐972‐4152
電子メールアドレス: a2632@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ