ページの先頭です

ブロック塀等撤去費助成

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2017年6月26日

【新制度】平成29年度より補助金の上限額などを拡充しました。

大丈夫ですか!ブロック塀

過去の地震では、ブロック塀の倒壊により犠牲者が・・・
また、子供が登って遊んでいるときに倒壊し、人身事故も・・・
ブロック塀の点検を行いましょう

まず点検!

ブロック塀の点検ポイント

ブロック塀の点検ポイント

  1. ブロック塀の厚さが15cm以上なら、高さは2.2m以下
    ブロック塀の厚さが10cm以上15cm未満なら、高さは2.0m以下
  2. 笠木が浮いていませんか?
  3. 控壁がありますか?
  4. 目地モルタルが落ちていませんか?

名古屋市ブロック塀等撤去費助成

補助対象

 地震発生時におけるブロック塀等の倒壊による被害や避難時の通行の妨げとなることを防止するために、道路に面する高さ1m以上のブロック塀等の撤去を行う所有者に対し、撤去費用の一部を補助します。(隣地に面する部分等は補助対象外とし、道路に面する部分のみ補助対象とします。)

※ブロック塀等とは、コンクリートブロック、レンガ、大谷石等の組積造の塀、その他これらに類する塀で、門柱も含みます。

工事の完了報告書提出期限

2月末日

(かつ工事完了から30日以内)

補助金額

補助金額
地区撤去費用メートル単価限度額
木密4地区以外2分の1以内6,000円/m10万円
木密4地区4分の3以内9,000円/m15万円
  • いずれか低い金額を補助金額とします。
  • 補助金額は千円未満切り捨てとします。
  • 撤去するブロック塀の長さは10cm未満切捨てとします。

 

木密4地区(木造住宅密集地域4地区)とは

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

申請方法

  • 補助金の申請には事前相談が必要です。
    撤去するブロック塀等の全体がわかる写真を持参の上、耐震化支援室(木密4地区は市街地整備課)にご相談ください。
  • 事前相談ののち、申請者(所有者)は、交付申請書に添付書類を添えて耐震化支援室(木密4地区は市街地整備課)まで提出してください。
  • 補助を受けるには、事前に交付申請を行い、必ず工事の契約・着工前に補助金交付決定を受ける必要があります。

必要書類

交付申請時

  • 交付申請書(様式1号)
  • 撤去場所の案内図(住宅地図など)
  • 撤去工事の内容を表した図書(配置図、立面図等)
  • 撤去工事の見積書の写し
  • 撤去するブロック塀等の写真(全景、前面道路等)
  • その他市長が必要と認める書類

 

完了報告時

  • 完了実績報告書(様式6号)
  •  領収書または請求書の写し
  • 工事完了後の写真(撤去後の写真)
  • その他市長が必要と認める書類

 

補助金請求時

  • 補助金交付請求書(様式8号)
  • 領収書の写し(未提出の場合)

 

要綱・様式

生垣にする場合

生垣にする場合は、生垣緑化助成制度があります。

詳しくは、(公財)名古屋市みどりの協会(052-731-8590)までお問い合わせください。

問い合わせ先

木密4地区以外 耐震化支援室(052-972-2921)

木密4地区    市街地整備課(052-972-2759)

このページの作成担当

住宅都市局都市整備部耐震化支援室支援係

電話番号

:052-972-2921

ファックス番号

:052-972-4179

電子メールアドレス

a2921@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ