ページの先頭です

平成17年国勢調査 名古屋の学区別人口

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2018年12月27日

このページ内にあるデータの利用について

 このページ内にあるデータはオープンデータとして提供しており、クレジット表記すること(データ名:統計なごやweb版)により、二次利用していただくことが可能です。ご利用の場合は以下のページもご覧ください。

平成21年3月30日付で、統計表「第17表」を追加公表しました。

概要

  1. 本ページに掲載した統計表は、総務省統計局から提供を受けた平成17年国勢調査小地域集計用基礎データを用い、名古屋市において学区別に集計したものです。
    ただし、例外として中区については、住居表示(街区方式)の実施に伴い、学区界が国勢統計区界と異なっているので、補正・組替え集計による誤差が大きくなることを避けるため、国勢統計区の区域で集計しています。
  2. 統計表の学区の名称と区域は、平成17年10月1日現在のものです。学区の変遷については、 学区の変遷(PDF)をご覧ください。
  3. 学区別人口は、平成7年・12年については平成12年10月1日現在の学区の区域、平成2年については平成7年10月1日現在の学区の区域、昭和55年・60年については平成2年10月1日現在の学区の区域をもとに、それぞれ補正した数値です。
    従って、平成2年10月2日以降に学区の新設又は区域の変更があった学区については、学区の区域に不連続があるのでご注意ください。
    (参考)平成2年10月2日以降、平成17年10月1日までに学区の新設又は区域の変更があった学区
    中区・王子学区(平成4年、新栄学区と千早学区へ統合)
    緑区・常安学区(平成10年、鳴海東部学区、徳重学区から新設)、小坂学区(平成15年、滝ノ水学区、鳴海東部学区から新設)
    天白区・植田北学区(平成3年、植田学区から新設)

目次

解説

統計表 【全市分】

添付ファイル

このページの作成担当

総務局企画部統計課解析活用係

電話番号

:052-972-2254

ファックス番号

:052-972-4114

電子メールアドレス

a2254@somu.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ