ページの先頭です

中区:史跡散策路

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年11月20日

ページの概要:中区の史跡散策コースを紹介します。

中区史跡散策路

中区の史跡散策コースを紹介します。

  • 名古屋城コース
  • 碁盤割コース
  • 広小路今昔コース
  • 大須コース
  • 別院コース

以上の中区内5コースのコース図と詳細をダウンロードできます。(このページに添付の各コース図PDFには、テキスト情報が無いため、内容の確認が必要な場合は中区役所地域力推進室までお問合せください。)

名古屋城コース

天下様でもかなわぬもの
将軍様でもかなわないもの、それは名古屋城の天守閣に輝く金のシャチです。惜しくもそれらは、昭和20年の戦災で大半を失いましたが、西北、西南、東南隅櫓、表二之門、石垣、二之丸庭園など多くの文化財が残る歴史深いコースです。 

※名古屋城一帯を自由に散策していただくコースです。(名古屋城内は観覧料が必要です)

※工事に伴い、一部立ち入ることのできない箇所があります。

名古屋城コース添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

碁盤割コース

花の名古屋の碁盤割
名古屋城の城下町として発展してきた名古屋。その基盤となった碁盤割の整然とした町並みに残る史跡をたどるコースです。(約3.8キロメートル)

碁盤割コース添付ファイル

広小路今昔コース

昔も今もにぎわいの道
広小路通と若宮大通にはさまれたこのエリアには社寺や文化施設が混在し、今と昔を同時に味わうことのできるコースです。(約5.1キロメートル)

広小路今昔コース添付ファイル

大須コース

はじめに伽藍(がらん)ありき
かつては城下南の寺町として栄え、現在は、ショッピングなどを楽しむ庶民的なまちである大須。今も神社や寺院など多くの史跡が残るコースです。(約2.4キロメートル)

大須コース添付ファイル

別院コース

名古屋を守っていた寺町                                                   信長の父、織田信秀の居城だった古渡城跡に建てられた東本願寺名古屋別院などの多くの寺社の集まるこの界隈はかつて「彼岸参りのコース」として親しまれたコースです。(約2.4キロメートル)

別院コース添付ファイル

このページの作成担当

中区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-265-2221

ファックス番号

:052-261-0535

電子メールアドレス

a2652220@naka.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ