ページの先頭です

自宅の家具転倒防止対策、皆さまもやってちょ!

名古屋市長 河村たかし

市長写真

 市民の皆さま、事業者の皆さま、新型コロナウイルス感染症の拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。また、市民の健康と命を守るために日々、最前線で戦っている医療関係者の皆さまに、改めて心より感謝を申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、ご自宅で過ごす時間が増えたかと思います。そんな中で皆さまにお願いしたいことがあります。それは、寝室の家具転倒防止対策の実施です。

 阪神・淡路大震災では、亡くなった方の約8割が家屋の倒壊や家具の転倒による圧迫死・窒息死でした。寝ている時は無防備です。寝室の家具レイアウトを見直したり、家具転倒防止対策をしたりすることが命を守るための行動として大変重要です。

 また、自宅の家具転倒防止対策を行うことで、地震発生時に命を守ることができるだけでなく、在宅避難のための準備にもつながります。

 来年3月で東日本大震災から10年が経過します。南海トラフ巨大地震などの大規模地震はいつ発生してもおかしくありません。

 市ウェブサイトでは、「分かりやすい家具転倒防止対策のやり方」を2分以内の動画で紹介しています。市民の皆さま、これを機に、まずは寝室の家具転倒防止対策からやってちょ!

家庭でできる家具転倒防止対策



河村たかし市長自身の声でお届けする音声版はこちら

市長インタビュー音声版



ページの先頭へ