ページの先頭です

ここから本文です

キャリア教育の推進

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年4月8日

ページID:169028

我が国では、本格的な人口減少社会が到来しつつあるとともに、産業・経済分野を始め、社会の様々な領域において構造的な変化が進行しています。特にグローバル化やデジタルトランスフォーメーションは労働市場に変容をもたらしており、これからの時代の働き手に必要となる能力は変化しています。

このような中で、学ぶことと自己の将来とのつながりを見通しながら、一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現していくキャリア発達を促すためのキャリア教育の推進・充実への期待が高まっています。

キャリアナビゲーター

本市においては、キャリアコンサルタントの資格を有する専門家を「キャリアナビゲーター」として、全ての市立中学校、高等学校及び特別支援学校に常勤で配置しています。企業・大学等とも連携し、キャリア形成支援に係る取り組みを進めています。

キャリア教育推進センター

企業・団体・大学等の皆様と学校の橋渡し役として、情報の集約・提供や各種企画の実施等により、学校におけるキャリア教育の実践をサポートしていきます。

キャリア教育推進施策紹介動画

本市キャリア教育推進施策について、実践例を交えて動画で紹介します。

キャリア教育推進施策紹介動画のイメージ画像

キャリア教育プログラム実施例

中学生向けキャリア教育プログラム試行実施記録映像

企業等の皆様のご協力により、実社会の様々な仕事や活躍している人々、最先端の技術等に触れるとともに、体験活動やワークを通じて、将来の選択肢や可能性を広げられるようキャリア教育プログラムを試行実施しました。

小学生向けキャリア教育プログラム試行実施記録映像

企業等の皆様のご協力により、子どもたちが企業等のブースに参加し、仕事の内容や働く人の思いに触れることで、自分の将来について考えるきっかけとなるよう、キャリア教育プログラムを試行実施しました。キャリア教育推進センターが企画実施する小学生向けキャリア教育プログラムとしては、初めての取り組みとなりました。

ナゴヤキャリアタイムサポーターを募集しています

「自分が何をしたいのか」「どんな大人になりたいのか」を子どもたち自身が探究し、自分らしい生き方を実現する力を育むキャリア教育を効果的に実践していくためには、子ども一人一人が実社会の様々な仕事や活躍している人々(本物のヒト・モノ・コト)と、“であう”機会を提供することが不可欠だと考えています。

そこで、市立小学校、中学校、高等学校、特別支援学校のキャリア教育の授業で実施する、出前授業、職業体験、職場訪問、イベント参加等にご協力いただける企業・団体・大学等を「ナゴヤキャリアタイムサポーター」として募集します。

登録申請は、登録申請フォーム(外部リンク)別ウィンドウで開くより。ぜひご参画ください。

ナゴヤキャリアタイムサポーターのイメージ画像

ナゴヤキャリアタイムサポーターの募集について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

ナゴヤキャリアタイムサポーター登録企業・団体等一覧(50音順・令和6年4月1日現在・登録数241)

企業等

団体等

教育機関等

行政機関等

個人(敬称略)

関連リンク

このページの作成担当

教育委員会事務局 教育支援部 義務教育課 キャリア教育担当
電話番号: 052-972-3386
ファックス番号: 052-972-4177
電子メールアドレス: a3236@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

ページの先頭へ