ページの先頭です

名古屋市の感染症発生動向調査結果

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年9月21日

ページの概要:名古屋市の感染症発生動向調査結果(1類から5類まで)について、最新の週単位の情報を掲載しています。期限を切って情報を収集しているため、後に記載内容が変更される場合があります。

名古屋市における感染症発生動向調査の結果についての情報です。

報告週対応表-国立感染症研究所感染症疫学センター-(外部リンク)別ウィンドウで開くの期間に基づいて週単位で情報を提供します。

5類の定点把握対象疾患について:2022年第37週(9月12日から9月18日)の状況

  • 手足口病は過去3年の同週の比で8.3倍になりました。

1類から5類の全数把握対象疾患について

全数把握対象疾患の報告数(2022年)

2022年第37週(9月12日から9月18日)までに診断された報告済み患者数
感染症の分類 疾患 累計
1類感染症 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、他 0
2類感染症 急性灰白髄炎 0
2類感染症 結核(潜在性結核感染症を含む) 308(95)
2類感染症 ジフテリア 0
2類感染症 重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る) 0
2類感染症 中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る) 0
2類感染症 鳥インフルエンザ(H5N1) 0
2類感染症 鳥インフルエンザ(H7N9) 0
新型インフルエンザ等感染症 新型コロナウイルス感染症(病原体がベータコロナウイルス属のコロナウイルス(令和2年1月に、中華人民共和国から世界保健機関に対して、人に伝染する能力を有することが新たに報告されたものに限る。)であるものに限る。)  令和3年2月13日から 405328
類感染症 コレラ 0
3類感染症 細菌性赤痢 0
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 23
3類感染症 腸チフス 0
3類感染症 パラチフス 0
4類感染症 デング熱 1
4類感染症 A型肝炎 1
4類感染症 E型肝炎 1
4類感染症 重症熱性血小板減少症候群 1
4類感染症 類鼻疽 1
類感染症 マラリア 2
4類感染症 レジオネラ症 33
5類感染症 アメーバ赤痢 7
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 33
5類感染症 急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く) 3
5類感染症 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 19
5類感染症 後天性免疫不全症候群 40(25)
5類感染症 侵襲性インフルエンザ菌感染症 5
5類感染症 侵襲性髄膜炎菌感染症 1
5類感染症 侵襲性肺炎球菌感染症 21
5類感染症 水痘(入院例に限る) 3
5類感染症 梅毒 273(73)
5類感染症 播種性クリプトコックス症 3
5類感染症 百日咳 2
5類感染症 クロイツフェルト・ヤコブ病 3

多数の疾患を対象としているため、4類感染症及び5類感染症は報告のあった疾患のみを掲載しています。

後天性免疫不全症候群の届出基準については下記のリンク先を参照してください。

後天性免疫不全症候群-厚生労働省-(外部リンク)別ウィンドウで開く

全数把握対象疾患の発生の概要

感染経路、感染原因、感染地域については、確定あるいは推定として記載されていたものを示します。

2022年第37週(9月12日から9月18日)に報告された全数報告疾患
診断週 感染症
の分類
                   疾患 発生数                   発生の概要
2022年
第37週
2類 結核 2
  • 女性、 61歳、無症状病原体保有者
  • 女性、 29歳、無症状病原体保有者
2022年
第37週
新型インフルエンザ等 新型コロナウイルス感染症 10839
  • 下に別記載
2022年
第37週
4類 重症熱性血小板減少症候群 1
  • 男性、35歳、感染地域:三重県
2022年
第37週
5類 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 1
  • 男性、74歳
2022年
第37週
5類 侵襲性インフルエンザ菌感染症 1
  • 男性、56歳、菌検出検体:血液
2022年
第37週
5類 梅毒 7
  • 男性、37歳、早期顕症梅毒1期
  • 男性、41歳、早期顕症梅毒1期
  • 男性、40歳、早期顕症梅毒1期
  • 男性、23歳、早期顕症梅毒1期
  • 男性、24歳、早期顕症梅毒1期
  • 女性、21歳、早期顕症梅毒2期
  • 女性、37歳、無症状病原体保有者
新型コロナウイルス感染症(新型インフルエンザ等感染症)
重症度(縦)
年代(横)
10歳未満 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 総計
症状なし 167 158 113 150 140 89 35 14 18 8 0 892
軽症 1652 1532 1266 1571 1536 1001 521 360 257 77 2 9775
中等症 9 4 6 10 5 11 17 25 54 26 2 169
重症 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 3
総計 1828 1694 1385 1731 1681 1101 573 400 330 112 4 10839

報告が遅れたため、これまで掲載されなかった全数報告疾患


ありません。

愛知県麻しん・風しん患者調査事業について

平成20年1月1日から、麻しん・風しんは全数把握対象疾患となりましたが、愛知県内では、感染症法に基づく届出では把握できない情報を得るため、医師会と協力して「愛知県麻しん・風しん患者調査事業」を実施しており、名古屋市も参加しています。調査結果については下記のリンク先(愛知県衛生研究所ホームページの中のコンテンツ)をご覧ください。

 県内病院・診療所の医師の皆様へ 麻しん・風しん患者調査事業を実施しています-愛知県衛生研究所-(外部リンク)別ウィンドウで開く

このページの作成担当

健康福祉局衛生研究所疫学情報部

電話番号

:052-737-3711

ファックス番号

:052-736-1102

電子メールアドレス

a7373711-02@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ