ページの先頭です

名古屋市国民健康保険30・35健診について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年5月20日

名古屋市国民健康保険30・35健診のご案内

このページでは、「名古屋市国民健康保険30・35健診」に関する情報をお知らせします。

令和4年度から「名古屋市国民健康保険30・35健診」を実施いたします。

名古屋市国民健康保険30・35健診とは

目的

40歳未満の若年層の一部を対象に特定健康診査と同様の健診を実施することで、若い世代の生活習慣病予防、健康意識向上、健康診査の周知・啓発を目的として行うものです。

対象者

4月1日時点で30歳、35歳の名古屋市の国民健康保険被保険者

検査内容

特定健康診査と同様です。血液検査、尿検査、血圧測定、身体診察、身体計測を行います。また、医師が必要と認めた場合は、貧血検査、心電図検査、眼底検査を加えて行います。
注意:特定保健指導は実施しません。

対象者へのご案内

実施年度の6月末に「30・35健診のご案内」と「受診券」を対象者へ送付いたします。

30・35健診を受けるには

受診方法

  1. (1)「健診実施機関」で受診するか、(2)名古屋市が実施する「集団健診」で受診するか選んでください。
  2. (1)健診実施機関」受診する場合、あらかじめ電話等で「30・35健診」の予約申し込みをしてください。
    (2)名古屋市が実施する「集団健診」で受診する場合、日程を確認し、電話または以下のリンクから予約してください。日程および申込方法については対象者に送付している「健診のご案内」か、以下のリンクからご確認できます。
  3. 予約日には、受診券と名古屋市が交付した国民健康保険被保険者証を持って、受診してください。
  4. 健診結果は、受診した健診実施機関から手渡しまたは郵送で結果通知表をお渡しします。

リンク先:健診(検診)総合サイト(外部リンク)別ウィンドウで開く

費用

自己負担はありません。

健診実施機関

30・35健診を受けることができる健診実施機関は、対象者に送付している「30・35健診のご案内」か、以下のリンクをご確認ください。

リンク先:健診(検診)総合サイト(外部リンク)別ウィンドウで開く

健診実施機関からの支払方法について

特定健康診査の請求において、データ化受託団体を経由せずに愛知県国民健康保険団体連合会へ直接請求している健診実施機関は以下のとおりです。他の健診実施機関は特定健康診査と同様に実施してください。

要綱・様式(工事中)

こちらは、30・35健診の実施要綱および様式です。
現在作成中のため、改めて更新いたします。

請求の流れ

1 はじめに、本ページにおいて掲載しています、請求ファイル(エクセル)をダウンロードしてください。エクセルにはパスワードがかけられています。

2 ひと月に実施した30・35健診について、エクセルに記載してください。
入力方法は本ページに掲載している仕様書をご確認ください。

3 作成したファイルについて、DVD、CD又はMOに取り込み、郵送または持参して愛知県国民健康保険団体連合会へ報告してくだい。エクセルのパスワードはそのまま残して報告してください。

4 愛知県国民健康保険団体連合会において、審査をした後、不備がなければ支払いがなされます。

請求ファイル等(工事中)

こちらは、30・35健診の請求ファイルと入力方法に関する仕様書についてご案内いたします。
現在作成中のため、改めて更新いたします。

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課国民健康保険保健事業担当

電話番号

:052-972-2567

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ