ページの先頭です

心のサポーター(こころサポーター)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年12月24日

「こころサポーター」養成研修なごや

名古屋市では、厚生労働省が実施する心のサポーター養成事業のモデル自治体として「こころサポーター」養成研修なごやを開催します。

心のサポーター(こころサポーター)とは、メンタルヘルスや精神疾患への正しい知識を持ち、地域や職域でメンタルヘルスの問題がある方やその家族に対してできる範囲で手助けをする方のことです。

厚生労働省は、令和3年度からNIPPON COCORO ACTIONとして、地域におけるメンタルヘルスや精神疾患についての普及啓発を進め、精神疾患の予防や早期介入につなげることを目的とした心のサポーター養成事業を試行的に始めました。

「こころサポーター」養成研修なごやはその事業の一環として今年度モデル地域の一つとなった名古屋市が厚生労働省と開催するものになります。

令和3年度は、名古屋市で下記のとおり2回開催します。

日程と会場

1回目

令和4年2月5日 土曜日 

午前10時00分から午後0時30分

名古屋市北生涯学習センター

2回目

令和4年2月19日 土曜日

午前10時00分から午後0時30分

名古屋市高齢者就業支援センター

注意事項

新型コロナウイルス感染症の感染状況によりオンラインによる開催等に変更する場合があります。

定員

各20名

受講料

無料

内容

 内容は各回共通です。

  • 「こころのピンチ」と「こころの病気」はどう違う?
  • こころの病気の現状
  • この行動は問題?それとも対処?
  • こころの病気に気づく方法
  • こころのサポーター4つのステップ
  • 聴き方ワーク

※現時点の予定です。

申込期限

令和4年1月28日 金曜日

申込方法

下記の申込フォーム、ファックスまたは電話によりお申し込みください。

申込みが多数の場合は、抽選により受講者を決定します。

受講の可否は、申込者全員に令和4年1月31日 月曜日以降にお知らせします。

なお、お申し込みに当り、受講が決定した場合はこの試行的事業の検討のために、厚生労働省、国立精神・神経医療研究センター及び事務局事務の受託者への申込情報の提供について同意の上お申し込みください。

申込フォーム

こころサポーター養成研修なごやの申込フォームのURLアドレスのQRコードです。

ファックス

添付の申込用紙に必要事項を記載のうえ下記のファックス番号にお送りください。

ファックス番号 052-972-4152

「こころサポーター」養成研修なごやファックス申込票

「こころサポーター」養成研修なごや ファックス申込票

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

電話

下記の電話番号におかけいただき、「こころサポーター」養成研修の申込とおっしゃってください。必要事項を聞き取りさせていただきます。

電話番号 052-972-4075

ちらし

こころサポーター養成研修なごや ちらし

このページの作成担当

健康福祉局健康部健康増進課精神保健係

電話番号

:052-972-4075

ファックス番号

:052-972-4152

電子メールアドレス

a2633@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ