ページの先頭です

国民健康保険による給付

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2022年4月1日

 名古屋市国民健康保険は、皆様からいただいた保険料をもとに、さまざまな給付を行っています。

保険による給付

医療機関等でのご負担について

 医療機関等で受診される際に保険証を提示することで、医療費のうち自己負担分(1割から3割)のみを負担するだけですみます。ただし、入院中の食事負担、差額ベッド代や正常な妊娠・出産などは除きます。

 また、医療機関等での自己負担が高額になった場合、高額療養費が支給されます。高額療養費は、後から申請して支給を受ける以外にも、あらかじめ手続きをすることによって医療機関等での支払時に高額療養費分を除いた分のみ支払うことも可能です。

 災害や事業の休廃止等により一時的に生活困窮となり、医療費の自己負担の支払いにお困りの場合は、支払いを減免または猶予する制度もあります。

医療費の自己負担

その他のさまざまな給付について

 その他にも、下記のような給付があります。

  • 高額医療・高額介護合算制度
    医療と介護の両方で自己負担が高額になった場合に負担を軽減します。
  • 療養費
    やむを得ない事情により医療費を全額支払った場合に支給されます。
  • 出産育児一時金
    加入者の方が出産された場合に支給されます。
  • 葬祭費
    加入者の方が死亡された場合に支給されます。
  • 移送費
    医師の指示により治療上の必要があってやむを得ず移送された場合に支給されます。

さまざまな給付

このページの作成担当

健康福祉局生活福祉部保険年金課給付係

電話番号

:052-972-2568

ファックス番号

:052-972-4148

電子メールアドレス

a2564@kenkofukushi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ