ページの先頭です

ここから本文です

課題解決型人材活用支援事業(副業・兼業人材の活用)

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2024年5月22日

ページID:161982

グローバル化やデジタル化など経営課題が多様化・複雑化する中、企業の競争力や成長を支える人材確保策の一つとして、副業・兼業といった外部人材の活用が注目を集めています。新商品開発、広報・PR、DX推進など、社内人材では対応しきれない経営課題に対して、外部人材を導入することで、専門知識・技術の習得、組織の活性化、柔軟な働き方への実現等の効果も期待されています。

本事業は、中小企業における人材確保が一層困難となり、働き手の価値観も急速に変化する中、外部人材等の多様な人材の活用及び多様な働き方への対応を促進する目的で実施します。

活用促進セミナー

外部人材活用の現状、メリット、活用に適した経営課題、具体的な活用プロセスなどをお伝えします。

また市内企業の事例や、昨年度の事業を活用し、実践した市内企業の事例などもご紹介します。

日時

令和6年7月2日(火曜日) 午後2時から午後4時まで

実施方式

オンライン開催(Web会議システムアプリ「Zoom」を使用)

申込締切

令和6年7月1日(月曜日)

個別マッチング支援(企業募集)

プロジェクトの設計、外部人材の募集、プロジェクトの実践の一連の過程を支援します。

募集企業数

10社(ヒアリングを実施したうえで決定します)

費用

外部人材の報酬、交通費、プロジェクト実施にかかる費用は企業負担

申込締切

令和6年7月15日(月曜日)

なお、活用促進セミナーへの参加を推奨します。

申込方法

セミナー、個別マッチング支援ともに、「中小企業のための副業・兼業人材活用セミナー/個別マッチング支援」(外部リンク)別ウィンドウで開くのサイトまたはチラシに記載の二次元コードの申込フォームからお申し込みください。

副業・兼業人材活用促進セミナー、個別マッチング支援チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

広報資料

副業・兼業人材の活用を検討する際の参考としてしていただくため、副業・兼業人材の活用メリット・活用の流れやポイント・市内企業の事例などをまとめた広報資料「中小企業のための多様な人材活用のヒント 副業・兼業人材の活用で経営課題の解決を目指す」を作成しました。ぜひご活用ください。

ファイルサイズが大きいため、開くのに時間がかかることがあります。

中小企業のための多様な人材活用のヒント 副業・兼業人材の活用で経営課題の解決を目指す

問い合わせ先

「課題解決型人材活用支援事業」運営事務局(特定非営利活動法人G-net)

電話番号 058-263-2162

電子メールアドレス info@furusatokengyo.jp

このページの作成担当

経済局産業労働部労働企画課労働企画担当

電話番号

:052-972-3145

ファックス番号

:052-972-4129

電子メールアドレス

a3145@keizai.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ