ページの先頭です

幹線街路の整備状況について

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年10月11日

ページの概要:幹線街路の整備状況について

幹線街路の現状

 本市の都市計画道路は、大正13年に40路線、総延長約146.3kmが初めて計画決定されました。その後、第二次世界大戦の空襲による戦禍により、市街地中心部をはじめ全市域にわたって大きな被害を受けたことから、昭和21年に総合的な復興計画が樹立され、これと同時に、新たに将来の都市防災的観点を加味した幅員100mの街路を含む97路線、総延長約445.6kmが計画決定され、今日の道路網の基礎となりました。
 その後も、周辺市町村の合併による市域拡大に伴って道路網の追加決定や整理統合がなされ、昭和48年には、新都市計画法施行による整理統合が行われた結果、令和3年3月現在の都市計画道路網は幹線街路で209路線、延長約824.8kmとなっています。

幹線街路の整備率

幹線街路の整備率の変遷

 本市の幹線街路の整備率は、令和3年3月時点で94.7%となっています。

整備率の他都市比較

幹線街路の整備率の他都市比較

 他の政令指定都市との整備率の比較では、令和2年3月時点で政令指定都市の中で最も高い整備率になっています。

このページの作成担当

住宅都市局都市計画部街路計画課街路計画係

電話番号

:052-972-2721

ファックス番号

:052-972-4225

電子メールアドレス

a2721@jutakutoshi.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ