ページの先頭です

浜御殿

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年6月28日

ページの概要:街道を往来する大名らを招待するために築かれました。

熱田区内の埋もれた見どころを発掘し、紹介しています。(広報なごや平成22年7月号掲載)

浜御殿について

街道を往来する大名らを招待、供応するため、尾張藩は1624年(「厚覧草」によれば1634年)、七里の渡しの東側の海を埋め立てて東浜御殿を、1654年に七里の渡しの北西に西浜御殿を築きました。現在、その跡を見ることはできず、西浜御殿があった白鳥コミュニティセンター北側に看板が立っているだけです。東浜御殿は桑名楼と寝覚楼を持ち城郭のような構え、西浜御殿は平坦な邸だが内部の調度が豪華を極めていたということです。歌川広重の浮世絵「宮 熱田濱之鳥居」にも画面左端にその姿が描かれていますが、当時の浜御殿の姿をはっきりと示す絵は見つかっていません。

「宮 熱田濱之鳥居」の写真

「宮 熱田濱之鳥居」

「西浜御殿跡」の位置を示す地図

白鳥コミュニティセンター北側

このページの作成担当

熱田区役所区政部地域力推進室地域力推進係

電話番号

:052-683-9421

ファックス番号

:052-683-9494

電子メールアドレス

a6839420@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ