ページの先頭です

ここから本文です

佐屋街道道標

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2016年6月28日

ページID:27765

ページの概要:道標には、1821年に佐屋宿の旅籠の人たちが建てたと彫られています。

熱田区内の埋もれた見どころを発掘し、紹介しています。(広報なごや平成22年5月号掲載)

佐屋街道道標について

熱田区は、古来より交通の結節点として、東海道、佐屋街道、美濃街道などの街道が所在していました。今回はそのうちのひとつ、佐屋街道を取り上げ、高蔵学区にある道標を紹介します。

佐屋街道は、東海道の脇往還として、宮宿から桑名宿までの海路「七里の渡し」を避け、陸路で桑名に至る街道で、女性や子どもが多く通ったところから別名「姫街道」とも呼ばれていました。

佐屋街道道標は、金山総合駅西南の国道19号線の交差点西南角の歩道にあります。道標の南面には、「左 さや海道/つしま道」、西面には、「右 宮海道/左 なこや道」、東面には、「右 木曽・なこや海道」と彫られ、北面には、道標を1821年に佐屋宿の旅籠の人たちが建てたと彫られています。

「佐屋街道道標」の写真

このページの作成担当

熱田区役所区政部地域力推進課地域力推進担当

電話番号

:052-683-9421

ファックス番号

:052-683-9494

電子メールアドレス

a6839421@atsuta.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ