ページの先頭です

見守りと生活支援

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2020年1月14日

守山区役所福祉課での申請受付や支援

モリスちゃんの安心カプセル(救急医療情報キット)

モリスちゃんの安心カプセルの画像

 モリスちゃんの安心カプセルの画像です。カプセル内部に緊急連絡先、持病、かかりつけ医、飲んでいる薬などを記載した紙を入れ、冷蔵庫のボトルスタンドなどに立てて、保管しておきます。
 救急隊員が駆け付けた時に確認することで速やかな救助活動に結び付けます。
 
 

65歳以上のひとり暮らし高齢者の方で希望される方に、お配りをしています。

その他

ひとり暮らしの方などの支援

 リンク先の項目のうち、区役所窓口では以下の事業の受付をしています。

  • 緊急通報事業(あんしん電話)

   65歳以上で心臓病などの慢性疾患のあるひとり暮らしの方など一定の条件を満たす方(世帯)向けの緊急通報装置の貸与などのサービスがあります。

  • 日常生活用具の給付  

   65歳以上のひとり暮らしの方などに電磁調理器などの用具を給付します。(用具代金の1割負担が必要)

  • 福祉電話の貸与

   65歳以上のひとり暮らしで一定の条件を満たす方に電話を貸与し、ボランティアによる電話訪問を行います。

  • 高齢福祉相談員の訪問活動

   区内在住の65歳以上のひとり暮らし高齢者宅に、区役所福祉課または支所区民福祉課の高齢福祉相談員が年に1回程度訪問をさせていただきます。

配食サービス

介護保険を使った配食サービスがあります。1日1食を限度として、自宅に弁当の配達を行います。また同時に安否確認を行い、必要な時には関係機関に連絡させていただきます。

配食サービス(外部リンク)別ウィンドウ

※対象者は、介護保険制度の認定を受けた方か、基本チェックリストにより「介護予防・生活支援サービス事業対象者」と判定された方になります。圏域のいきいき支援センターなどを通じて、区役所窓口に申請してください。

上下水道料の減免

老齢福祉年金を受給されている方への上下水道料金の減免です。

上下水道料金の減免

ねたきり・認知症高齢者の税の障害者控除

 障害者控除を受けるための対象者認定を窓口で実施しています。

ねたきり・認知症高齢者の税の障害者控除

外国人高齢者

大正15年4月1日以前に生まれた外国人で一定の条件を満たす方が対象の給付金の申請です。

外国人高齢者給付金

いきいき支援センターでの支援

総合相談窓口

 いきいき支援センター(地域包括支援センター)が高齢者の総合相談窓口となっており、高齢者のさまざまな相談に対応しています。守山区には、中学校圏域によって、2か所のいきいき支援センターと1分室の合計3か所が相談窓口となっております。

住所 小幡南一丁目24の10アクロス小幡2階 電話 758-2013 ファックス 758-2015

森孝中(森孝西小、森孝東小、本地丘小)学校区、守山東中(苗代小、小幡小)学校区、大森中(天子田小、大森小、大森北小)学校区にお住まいの方

  • 守山区東部いきいき支援センター分室

住所 吉根南1401 電話 736-0080 ファックス 736-0081

吉根中(吉根小、志段味西小)学校区、志段味中(志段味東小、下志段味小)学校区にお住まいの方

住所 瀬古東二丁目411 電話 758-5560 ファックス 758-5582

守山中(守山小、西城小、廿軒家小)学校区、守山西中(鳥羽見小、二城小、瀬古小)学校区、守山北中(白沢小、小幡北小)にお住まいの方学校区

いきいきコール

 65歳以上のひとり暮らしの方又は世帯員のいずれもが75歳以上である世帯の方に、ボランティアが定期的に見守りのための電話相談活動を実施します。

 各圏域のいきいき支援センターへの申請が必要です。

見守り支援員による個別訪問

 いきいき支援センターでは、見守り支援員を配置し、原則65歳以上のひとり暮らしの方又は世帯員のいずれもが75歳以上である世帯で、見守りが必要な方に対して、そのおかれている環境や状況に応じた支援を実施し、見守りネットワークの構築や関係機関との連絡調整を実施しています。

高齢者いきいき相談室

高齢者いきいき相談室を開設しました(外部リンク)別ウィンドウ

いきいき支援センターにつなぐ窓口として、身近な地域にいきいき相談室を設けています。相談内容に応じて、いきいき支援センターと協同しながら支援を行っています。

地域の見守り支援

民生委員の訪問活動

民生委員・児童委員について

厚生労働大臣から委嘱され、ボランティアとして活動しています。ひとり暮らし高齢者をあたたかく見守る活動を展開しています。


ふれあい給食サービス

守山区ボランティア給食サービス事業(外部リンク)別ウィンドウ

 原則65歳以上の一人暮らし高齢者の方を対象に、見守りと栄養の確保を目的に、ボランティアがお弁当を持って訪問に伺います。

コミセンなどで「一日給食会」などを開く学区もあります。


地域支えあい事業

名古屋市地域支えあい事業

 学区において相談や調整を担う「ご近所ボランティアコーディネーター」を核に、ちょっとした困りごとを抱えた高齢者とボランティアとして地域の中で手助けする元気な高齢者等をつなぐ仕組みづくりを推進しています。


老人クラブ友愛活動

友愛活動(外部リンク)別ウィンドウ

 なごやかクラブ(老人クラブ)守山では、定期的に、ひとり暮らしやねたきりの高齢者を訪問し安否の確認や孤独感の解消を図ったり、高齢者サロンを運営し、参加してもらうことで見守り支援を行う友愛訪問活動を実施しています。 (すべてのクラブで行っているわけではありません。)


高齢者サロン

たまり場(ふれあいサロン)(外部リンク)別ウィンドウ

 守山区内には多くの高齢者サロンがあります。地域のみなさんが気軽に集い、交流を楽しむ仲間づくりの場です。安否確認や支えあいの場としての機能も期待されています。


助け合いの仕組みづくり

助け合いの仕組みづくり

 災害時の高齢者などの安否確認、避難方法などを町内会や学区であらかじめ相談しておく取り組みです。(実施町内は少数でありまた地域の方の善意ですすめられており、災害時の支援を必ずしも保障するものではありません。)


企業や団体の見守り支援

名古屋市守山区高齢者の見守りに関する民間事業者との協定の締結について

名古屋市守山区高齢者の見守りに関する民間事業者との協定の締結について

守山区役所と協力事業者の間で、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるまちづくりを目指して協定を結んでいます。


高齢者見守り協力事業所登録事業

高齢者の見守り協力事業者を募集しております!

 民間企業の皆様が仕事で外出している際に高齢者宅でポストに郵便物や新聞がたまっていたり、同じ洗濯物が出しっぱなしになっている等の異変に気づかれた場合に、各区保健福祉センター福祉部福祉課等へ連絡をしていただく仕組みです。


守山区見守り協力隊

 お店の従業員の方などが、気になる高齢者の方を見つけたときに、いきいき支援センターに繋げるように、連絡先マグネットを作成しました。店舗内の従業員が見えるところに貼っておいてもらうため、守山区内の見守り協力事業者や理容店・美容店など一般のお店にも少しずつ配布をしています。

 また、連絡先マグネットを配布したお店には、外から見えるところに貼っておいていただくための、守山区見守り協力隊ステッカーも作成しています。

守山区のいきいき支援センターの連絡先の書かれた従業員向けマグネットの画像です。

連絡先マグネット

お店が高齢者の見守りに協力していると外に向けて発信するステッカーです。

高齢者見守り協力隊ステッカー

その他公的機関などでの申請受付や支援

守山区社会福祉協議会

名古屋市守山区社会福祉協議会(外部リンク)別ウィンドウウェブサイト

地域福祉の推進のほか各種ボランティアの支援・養成や心配事相談など様々な生活支援を行っています。

消防局の支援

消防あんしん情報登録制度

  万一事故などにあわれ、救急車で病院に搬送された際に、ご自分でご家族等に連絡できない場合、あらかじめ登録された連絡先に名古屋市消防局が連絡する制度です。

高齢世帯の防火指導

 平成30年11月から平成35年2月末にかけて、火災警報器の普及啓発および住宅防火対策などで、一部の75歳以上の一人暮らし世帯へ守山消防署職員が訪問により防火指導を行っています。

守山環境事業所

なごやか収集

家庭ごみや資源を、所定の排出場所まで持ち出すことが困難な方々を対象に支援するもので、原則として市がご自宅の前に出されたごみや資源を直接、収集にお伺いします。

その他の機関

    65歳以上のひとり暮らしの方や65歳以上のみの世帯の方が利用できます。シルバー人材センターの会員がお伺いして実施します。

    排せつでお困りの高齢者の方やそのご家族の方のための電話相談窓口で、看護師などの専門職が相談に応じます。

  高齢者の方や、身体に障害のある方の自立や介護を援助する福祉用具のご相談に応じています。また、介護知識や技術の普及のための実習や研修を行っています。

  知的障害者、精神障害者、認知症高齢者の権利擁護や財産管理等の相談を受付けています。また、本人との契約により金銭管理サービスや財産保全サービスを提供します。

  守山区にお住まいの方は、北部事務所が管轄となります。

  認知症や知的障害、精神障害などによって判断能力が不十分になり、自分一人では契約や財産の管理などをすることが難しい方に成年後見制度の案内をします。

   高齢者虐待の相談の受付をします。

   生活保護の受給をされていない、生活にお困りの方などの相談を受け付けます。

  

このページの作成担当

守山区役所保健福祉センター福祉部福祉課福祉係

電話番号

:052-796-4605

ファックス番号

:052-793-1451

電子メールアドレス

a7964600@moriyama.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォームへ移動

このページについてご意見をお聞かせください

ご注意

  1. お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。問合せ先等が不明な場合は、ページ下部の「このページの作成担当」などをご確認下さい。
  2. 個人情報を含む内容は記入しないでください。

ページの先頭へ