ページの先頭です

よみがえれ文化財寄附金

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年10月15日
 すぐれた文化を、名古屋の歴史を、後世に伝えるために。
名古屋市指定文化財伊勢参宮図屏風の写真

事業内容

名古屋市博物館が所蔵する資料の中には、劣化などのためにそのままでは展示・活用できない資料があります。

そうした資料を後世に伝えながら利用していくために、修復するための寄附を募り、広く市民の理解を得ながら博物館資料を修復・活用することを目指します。

(一例)芭蕉を描いた掛軸などの修復

わが日本を代表する俳人で、名古屋とも縁が深い松尾芭蕉の画像「芭蕉翁図画讃」をはじめ、当館には日本や尾張の文化には欠かせない掛軸が多数あります。これらの中には、博物館が受贈した時には破損していたものがあるため、修復することで活用できるようにします。


寄附実績

令和2年度  512,001円

令和元年度 395,005円

古墳時代の金属製品の修復保存処理や、写真資料等のフィルムの保存処理、デジタル化に活用させていただきました。

修復した写真やフィルム

竹村文男氏写真資料について、フィルムの保存処理、デジタル化

このメニューへの寄附の申込み

連絡先

名古屋市博物館 総務課

電話番号:052-853-2655 ファックス番号:052-853-3636

電子メールアドレス:a8532655@kyoiku.city.nagoya.lg.jp

詳細は、よみがえれ文化財寄附金 (外部リンク)別ウィンドウ

このページの作成担当

財政局財政部資金課資金係

電話番号

:052-972-2308

ファックス番号

:052-972-4107

電子メールアドレス

a2309-09@zaisei.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ