ページの先頭です

住宅対象侵入盗・自動車盗に気を付けましょう!

ソーシャルメディアへのリンクは別ウインドウで開きます

このページを印刷する最終更新日:2021年5月31日

名古屋市の刑法犯認知件数は、2003年をピークに減少しています。

しかし、2020年中の住宅対象侵入盗の認知件数は政令都市ワースト3位(303件)、自動車盗は大阪に次いで政令都市ワースト2位(210件)と多発しています。

住宅対象侵入盗

侵入等の被害に遭った女性のイラスト

住宅対象侵入盗の手口

発生手口

  • 空き巣(73.9%)
  • 忍込み(21.5%)
  • 居空き(4.6%)

不在時に侵入する空き巣が最も多く発生しています。

侵入手口

  • ガラス破り(31.7%)
  • 無締り(28.0%)
  • ドア錠破り(19.5%)
  • その他施錠開け(5.9%)
  • 格子破り(2.0%)
  • サムターン回し(0.7%)
  • その他(12.2%)

ドア、ガラスを破る手口のほか、無締りによる被害が多く発生しています。

被害に遭わないようにするために

見通しをよくする

ドロボウが身を隠せないよう庭の手入れを行い、センサーライトをつけるなどして夜でも見通しをよくしましょう。

近づきにくくする

カギ付きの門扉などで建物に近づけさせないようにしたり、ハシゴや室外機などを2階への足場となる場所に置かないようにしましょう。

声を掛け合う

ドロボウは声をかけられることを一番嫌います。近所同士で挨拶をするなど声を掛け合いましょう。

防犯器具を設置する

侵入しようとするのに5分以上かかると、ドロボウの7割が犯行をあきらめると言われています。

啓発用チラシ

以下のPDFのファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合はスポーツ市民局地域安全推進課(電話番号052-972-3128)までお問い合わせください。

がっちりガチ防犯(住宅対象侵入盗編)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。(外部リンク)別ウィンドウで開く

自動車盗

自動車等の被害に遭った男性のイラスト

被害の多い車種は

レクサスシリーズ、プリウス、ランドクルーザーなど特定の車種に被害が集中しています。
車種別盗難手配ランキング(2020年中)
順位車種 
 1レクサスLX 
 2 プリウス
 3ランドクルーザー
 4  レクサスRX
5レクサスLS

カギをかけていれば大丈夫?

被害場所は、住宅などの駐車場で9割以上を占めています。

また、ほとんどが車にキーがなかった状態で盗まれており、約7割の車が盗難防止装置をつけていたのにもかかわらず盗まれています。

被害に遭わないようにするために

複数の盗難防止装置を組み合わせる

イモビライザーだけでなく、ハンドルロックやタイヤロック、警報装置など、複数の盗難防止装置を組み合わせましょう。

駐車場に防犯カメラなどを設置する

自宅の駐車場には、防犯カメラやセンサーライトなどを設置しましょう。

月極駐車場を借りる場合は、しっかりと防犯対策のとられた駐車場を選びましょう。

ナンバープレート盗難防止ネジを取り付ける

犯人は、ナンバープレートを盗み、盗難車に取り付けて使用しています。ナンバープレート盗難ネジは、特殊なネジ山となっており、市販の工具では簡単に取り外せないので盗難防止に効果があります。

啓発用チラシ

以下のPDFのファイルについてはテキスト情報のない画像データになります。内容を確認したい場合はスポーツ市民局地域安全推進課(電話番号052-972-3128)までお問い合わせください。

がっちりガチ防犯(自動車盗編)

このページの作成担当

スポーツ市民局市民生活部地域安全推進課地域安全推進係

電話番号

:052-972-3124

ファックス番号

:052-972-4823

電子メールアドレス

a3124@sportsshimin.city.nagoya.lg.jp

お問合せフォーム

お問合せフォーム

ページの先頭へ